ブラボーの声高らかに!
f0073587_21352239.jpg

2/24(日)兵庫県立芸術文化センター 大ホールにてオーケストラ千里山
結成10周年記念として第九の演奏会が催された。
当Blogでもおなじみ”まさぽん”が特別合奏団のバスパートで参加。

ご好意でチケットをいただいたので、三味線弾きの娘と出掛けた。
15:00前にはホールへ到着したが、既に行列ができててチョットび・つ・く・り!
慌てて並んで、前列20番目の真ん中を確保はいいけど、前に座ったオバハンなんか
周りの椅子に片っ端から私物置いて友達の席を確保する始末。
そりゃ、あかんやろ!フライングやで~と心で呟くのだった。
さて、当日の演目は

・歌劇「リエンツイ」序曲/R.ワーグナー
・交響曲第九番ニ短調作品125 「合唱付き」
・「威風堂々」/エルガー

”万九”から早3ヶ月が経過しても全楽章のメロディラインはしっかり頭に入ってますよ。
さて、メインの第九の素人寸評ですが、
第一楽章は、メリハリをつける意味でも思いっきりドス暗い演奏にしてほしかったなぁ!
第二楽章は、ボロ続出。音もタイミングも練習不足って感じ。
第三楽章は、まあまあ
第四楽章は、流石に練習を重ねられたのが分かるぐらいしっかりしていました。
総体的にもう少し音のキレが欲しかったかなぁ?偉そうに申しておりますが単なる素人の戯言ですので。
ただ、ソロパートの方々は、聞いていても快適、万九のソロより安定していた感じでしたが・・・
残念なことに声が出てませんでしたね~、そこが、万九のソロと違うところか?
肝心の合唱は、多少のズレが所々あったものの全体に絞まった内容で
各パートがバランスとく聞こえてきたのが印象的だった。

そして、第四楽章が終わり、待ってましたとばかりに少しの間をあけて”ブラボー”と
声高らかに叫んだのですが、
他の人も叫ぶかな?と期待していたのに気づいたら誰もいないよー ・・・・・
隣の三味線弾きの娘は他人のふりしてドン引きしてるし。もう最悪!
満員の聴衆の割れんばかりの拍手が続き、アンコール曲としてエルガーの「威風堂々」が
合唱つきで演奏された。最後の曲としてはいい選曲だ。
いや~感動、感動!思わず、「こちらはロンドンBBC」と言いたくなりましたよ。
でも出演している人達は聴衆以上の感動を恐らく味わったに違いない。

帰りは、三味線弾きの娘と西宮北口駅北にあるイタリア料理店「CARUSO」
食事をし梅田についたら娘の靴を買わされてました。
あ~あ~、娘にねだられるのもたまにはいいっか!

まさぽんのブログ
ノリさんのブログ
[PR]
by mido811 | 2008-02-25 22:46 | ひとりごと | Comments(4)
Commented by まさぽん at 2008-02-26 00:23 x
遠いところをご来臨賜り、まことにありがとうございました。
しかし、お目にかかることができず残念な思いです。
舞台から真っ正面にお座りでしたので、いらっしゃるのは確認できました。

盛大な”ブラボー”ホントにありがとうございました。
「おぉ、ブラボーか!?」と感じましたが、あれはmidoさんの声でしたか。
しっかりコーラス最後列まで聞こえましたよー。

ところで折角お越しいただいたのに、1割近い方々にはとんでもないご迷惑をおかけする結果になったようです。
それだけ「第九」には集客力があるということかもしれませんし、合唱参加者のパワーが過剰だったのかもしれません。
万一自分たちがプロデュースすることがある場合には十分に気をつけなければならないと戒めました。

次のシーズンインまでは、どこかの山で偶然お会いすることを楽しみにしております。昨日はいろいろとありがとうございました。
Commented by nori-126 at 2008-02-26 00:37
midoさん、お会いできなくて残念でした。私もよほど「ブラボー」と声をかけようかと思ったのですが、勇気がありませんでした。歌舞伎で声をかけるよりは、敷居は低いはずですが。
 アンコール曲の「威風堂々」に詞がついているのは知っていたのですが、合唱団が参加できて、しかも迫力があってアンコールにぴったりでしたね。
Commented by mido811 at 2008-02-28 01:39
まsぽんへ
お疲れさまでした!
大きな舞台に立てて羨ましいなぁ!
老いぼれの”ブラボー”が無事届いていたようでホットしました。
これで、聞こえてへんかったら最低最悪!
年輩の観客が多かったせいでしょうか?大人しかったかな???

ご自分の目的を一歩一歩実現して行かれるその行動力は
見習わなければと思います。
Commented by mido811 at 2008-02-28 01:43
ノリさんへ
ぷちこさんにお会いしたので、のりさんにもお会いできるかな?と
思いつつ、結局お会い出来なかったですね。
会場もグルリと見渡したんですが、4F席には気が付きませんでした。

ブラボーもタイミングが難しいですよね、三味線を弾く娘とも
話したんですが歌舞伎含め芸事はみな”間”であるということを。
もう少し精進して次回のステージではブラボーやりまっせ!


<< 雨男、金剛山を巡る。-2 雨男、金剛山を巡る。-1 >>