雪の日には・・・
f0073587_0225237.jpg

久しぶりの雪で思わずわん子の気持ちになっていました。
が、現実は積雪と悪路で外へ一歩も出れず。007.gif
そんな静かな雪の日には、読みかけの本とワインで過ごそう。

昨日仕入れたアリアニコ種の1,050円ワイン"FEUDO MONACI”
「AGLIANICO DEL VULTURE」を飲みながら一気に
歌野晶午著「葉桜の季節に君を想うということ」を読破。
なかなかの傑作に出逢い、そして個性ある味わいが口に広がり
思わず”今日もスマイル”。001.gif
[PR]
by mido811 | 2008-02-10 00:39 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by ゆかべりん at 2008-02-12 00:08 x
お気に入りに入れていつも読ませていただいておりますが、ここに書き込むのは初めてです。(どきどき)
去年は富士山に登り、今年は同じ日に伏見稲荷に初詣に行きと勝手にmidoさんとつながってるかもなんて思ってました。

思わずここに来たのは「葉桜の季節に・・・」を私も読んだからです。
友人に勧められたのですが・・・大どんでん返し!!(とは言わないか?勝手に思いこんでただけだから)でしたよね。
読後のすっきりした感じがよかったですね。

私は京都ですが、京都も久しぶりの雪、たまにはこういう休日もいいですね。

Commented by mido811 at 2008-02-13 01:26
ゆかべりんさんへ
はじめまして!いつもご覧いただき有り難うございます。
こちらもドキドキしながら書いています。
富士山、伏見稲荷に続き同じ本を読むとは・・・・正しく繋がっているかも?

「葉桜の季節に・・・」の感想ですが、合わせている訳でないですがゆかべりんさんと
全く同じで、大どんでん返し!!と思いました。仰る通り読み手が勝手に
思い込んでいる節は歪めませんが・・・でも徹夜本だけあって吸い込まれるように
読め読後もすっきりした感じがあって良かったですよね。
またお薦め本があれば紹介して下さい!
それと気軽に書き込んで下さいネ!よろしくで~す。




<< 雨男、綿向山で日焼けする? わが家もバカ雪です。 >>