雨男、武奈ケ岳に嫌われてー冬編ー ④
稜線沿いに出ると積雪量が格段に増え、吹雪が一層強くなった。
相変わらずアイゼン一つで格闘である。
9月に登った際、御殿山頂上手前のトリカブトが咲いていた場所で小休止。
数名が身動きできないので、立ちながら行動食を口にしている。
自分も初めて薄皮饅頭を食べ、テルモスに入れてきたお茶を口に入れる。
周りの寒さでお茶が内臓に流れ落ちるのが分かる。温かさが身に染みる。

f0073587_2153563.jpgf0073587_2154753.jpg

f0073587_21552786.jpg

腹に入れたところで再出発。
天候は相変わらず荒れ模様だが我慢しながら前進する。
暫くすると、人の声が聞こえ始める。
御殿山頂上だ!
生憎、西南稜は視界が悪く見えない。
風が強くツェルトで暴風対策している人がいたが余り効果はなさそうだ。
本当であれば、昼食を摂るところだが時刻は既に12:30、このまま武奈ケ岳を目指すのは
危険なのでワサビ峠からイン谷へとも考えたが、この雪では時間が読めない。
結論は、引き返して15:45坊村発のバスに乗車すること。

f0073587_2273560.jpgf0073587_2274867.jpg
皮肉なもので下山を始めると先程来の吹雪は小康状態となり
雲が切れ青空が覗く。日頃の行いか・・・諦めよう。
周りがやや明るくなると樹氷の銀世界が一層映える。

f0073587_22153852.jpg

雲が徐々に切れ始めると、視界が悪く見えなかった比良山系の風景が一機に
飛び込んできた。足下の悪さも忘れカメラのシャッターを切る。
f0073587_2224151.jpg
f0073587_22515117.jpg


気分が高揚?なのか下山途中に加速が付いてつまずき顔面から雪に突っ込む。
まっ、これもご愛敬!とその時は良かったが、先に休憩したトリカブトが咲く場所で
アクシデントが起きた。
要は道を間違え行き深い所を下っていったのだ。途中まで足跡があったので進んだが
雪深く、足がやけにとられ不信に思っていたが案の定、その先から足跡は消えたのだ。
落ち着いて、先ずは戻ることを考え登るが雪が深いので足を取られ登れない。
雪を足で蹴った勢いで少しずつ登り元の場所にたどり着いた。
この間、知らぬ間にアイゼンが膝上をかすめたのであろう、パンツの膝が引き裂かれていた。
この程度で済んで良かったが、一歩間違えれば「遭難」だったかも知れない。
雪山の怖さのほんの一部だろうが堪えた。
f0073587_22562899.jpg

途中、風を避けて遅い昼食(ラーメン)を摂り、ペットボトルに入れてきた赤ワインが
よく冷えていて一気に飲み干し、ようやく身も心もHOTした。
下山したのが15:20でバスの時刻に何とか間に合い満員のバスに
揺られながらJR過多々駅に到着し本日の山行は終了。

f0073587_2313092.jpgf0073587_23132029.jpg

今回、モンベルのZEO-LINEというアンダーウェアとスパッツを着用したが
スパッツは保温効果が高く寒さを感じなかったが、アンダーシャツについては
ユニクロのドライシャツと比べて余り大差なく?下山中にかいた汗が水分として
残ったせいか冷たく快適さが感じられなかった。
[PR]
by mido811 | 2008-02-03 23:14 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(8)
Commented by まさぽん at 2008-02-04 01:27 x
きれいな樹氷が・・・
と思っていたら危なかったですね。
当日のプチ遭難の焦りが記事の中の誤字に表れています(笑

冬山の撤退の判断は低山でも難しいので、下ってきて晴れてきたら(ってそのパターンが多いですけど)、「あ~正しい選択だった」と思うのがいいでしょうね。

ところでmidoさんは、そろそろ携帯GPSを買いたくなる気がします。。。
Commented by nori-126 at 2008-02-04 23:25
雪の景色の写真がきれいですね。北海道にスキーに行ったことが4回ほどあるので、こういう景色をみるとなつかしくなります。雪をみないと淋しいですね。気をつけて山行きを楽しまれますように。
Commented by owl at 2008-02-05 22:27 x
はじめまして。
武奈ケ岳、見事な雪景色ですね。
私は1月初めに行きましたが年末年始の積雪は消え始め、ここまで綺麗な樹氷は見られませんでした。快晴の天気と引き換えに樹氷はお預け・・・って事で。。。いつも違う山の表情を期待し、怪我の無い安全な山行を楽しみましょう!
Commented by mido811 at 2008-02-07 03:01
まさぽんへ
危うく新聞に載るところでした。
正直、ちょっとした判断ミスが遭難に繋がるのかと実感致しました。
だから、ますます無線機は欲しいな~。
携帯GPSも要検討です。
Commented by mido811 at 2008-02-07 03:04
ノリさんへ
しばらくデス。
事故がなければ、雪山って本当に綺麗ですヨ!
特に樹氷を見ると別世界に居るようで気温なんか関係なく
癒やされます。
恐らく、これが魔の手となって皆な雪山に行くんですよ。多分?
Commented by mido811 at 2008-02-07 03:08
owlさんへ
いらっしゃいませ!
1月に武奈へ行かれたんですね。
快晴と言うことですが、羨ましい限りです。
私なんか過去晴れたことは一回もなく頂上からの遠望を見たことが
ありません。でも仰るように、違う山の表情も楽しみ方の一つですね。
当然、安全な山行が必須条件ですが・・・

これからも当BLOGを覗いて下さいませ!
Commented by nori-126 at 2008-02-08 00:52
 私が雪山に行ったのは30年前にただ一度だけで、武奈ヶ岳だったのですが、実は同じメンバーで、次の日曜日に伊吹山に行くことになっていたのです。ところが私は都合で行けなくなったのです。月曜日に新聞を見て驚きました。そのメンバーの一人が雪庇を踏んで滑落したが、無事帰還したという記事が載っていたのです。夏山でも甘くみたらいけないのは当然ですが、冬山はより慎重さが望まれます。midoさんのブログからは、慎重な行動が読み取れますが。
Commented by mido811 at 2008-02-09 00:42
ノリさんへ
凄い体験をされたんですね。
無事生還されたんで良かったんでしょうが、新聞を見たときは
さぞショックだったんじゃないですか?
仰るとおり、冬山は慎重さが必要であることを今回は実感致しました。


<< 近頃、BLOGが更新できない理由 雨男、武奈ケ岳に嫌われてー冬編ー ③ >>