雨男、武奈ケ岳に嫌われてー冬編ー ①
f0073587_210489.jpg
1月26日(土)
樹氷の武奈ケ岳をめざし、昨年9月以来のリベンジ。
当初、車で綿向山に行く予定だったが家の辺りも積雪となったことから
車は危険という奥方様の強い要望を受け電車で行ける所=武奈ケ岳へ変更となった。

堅田駅8:45発の坊村行きの江若バスは、登山者で溢れ臨時バスが運行される盛況ぶり。
坊村の登山口からアイゼンを装着し急登を登りはじめるが高度を上げるにつれ
積雪量が増えアイゼンが利かずなかなか前へ進まない。
いたずらに時間が過ぎ焦るばかり。
武奈ケ岳から下山してきた人の話では積雪量が多いためアイゼン歩行では
無理と聞かされる。天候不順もあって結局、今回も手前の「御殿山」で勇気ある撤退となった。
悪夢再びである。
下山途中もチョットしたアクシデントに見舞われ今日はどうもスッキリしまへん!

しかし、その引き替えに新たに購入したアンダーウェアやアンダータイツそして
グローブの性能評価が出来たし、それにアイゼン歩行でのコツのようなものを
会得しスノーシューやワカン装着のタイミングや便利さを体験したし
念願の樹氷も見ることができたし、悪いことばかりではなかったので一応ヨシとしておこう。

詳細はこの後に続く・・・。
[PR]
by mido811 | 2008-01-28 02:13 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(0)


<< 無念・・・ 雨男、三峰山より遠望ス。-3 >>