「第九」は続くよ~いつもでも~
f0073587_1175067.jpg
歩いて移動していた時にFMラジオをつけたら聞き慣れたメロディが流れ出した。バイロイト祝祭管弦楽団
演奏の第九だった。1951年のライブ録音でモノラルだそうだが、全く時代を感じさせない見事な演奏だ。
お陰で第4楽章まで聞き入り、取引先へ遅刻するハメとなった。
未だ第九にハマリっぱなしでございます。

ちなみにN響の「第九」放映日は
12/28(金) BS-hi 8:00-9:30
12/31(日) BS-2 16:30-18:00
         教育  20:00-21:30

佐渡御大のシンフォニーホールでの”第九”も聞きたいよー!
[PR]
by mido811 | 2007-12-07 01:32 | ひとりごと | Comments(4)
Commented by まさぽん at 2007-12-07 02:39 x
あれっ、昨年か一昨年はBSとFMで生中継していたような気がしますが、今年はないのですね。
国立音大の合唱は毎年感動モノで、これのパートCDを出して欲しいと思うばかりです。もしくはデジタル時代ですから、多チャンネル放送でパート別に音声を出してくれないかな~。
28日にはご要望にお応えして、佐渡第九の第2夜にいってまいります(*^。^*)
Commented by mido811 at 2007-12-08 12:54
まさぽんへ
今年はどうもFMでの中継はないようですね。
音的にはFMの方がダイナミック感があって好きなんですけどね。
パート毎の放送は今の技術ですれば直ぐにできると思いますが現実的かどうかは・・・・ですね。
さて、シンフォニーホールへ行かれるんですよね。羨ましい!
新年を迎えられるよう歓喜の歌をしっかり心に響かせて下さい。
Commented by MOLTA at 2007-12-09 22:22 x
こんばんは。

自分も飛行機に乗っていたら、BGMに第九が流れてきて、
思わず聞き入ってました。
悲しいかな、飛行機という特性上、CAさんの放送が入る都度
ぶつ切りにされていましたが… ^^;

まさぽんさん
シンフォニーホールの佐渡第九も行かれるのですね。
mido881サンと同じく羨まし~!

パート別放送については、ほんとに実現してほしいですよね。
でも、それを家庭で収録する側(DVDでもHDでもテープでも ^^)が、
その多チャンネルに対応できないと、結局聞きなおすときには一緒に
なっちゃうしなあ。
という現実を見ながらも、でもやっぱりそうしたものを夢見る力が
技術の進歩を生んできたと思うので、夢は持っておきたいですよね!
Commented by mido811 at 2007-12-10 22:21
MOLTAさんへ
機内で第九とは、スケールがでかくていいですね。
私も飛行機の時は、クラシックチャンネルにしてぐっすり眠ってますが・・・

翌日、NHKの朝のラジオでN響のオーボエ奏者”茂木大輔”さんが
クラシック音楽を解説するコーナーがあり、第九について語られ
私にとっては、知らないことだらけでしたので”眼からウロコ”状態でした。
特に、ベートベンがシラーの詩に付け加えた冒頭の詩のために第1.2.3楽章
が前フリで本編が第4楽章だということ。そして、第4楽章冒頭にはチェロとヴァイオリン
をつなぎとして第1.2.3楽章のメロディがはいっていたこと。
言われてみればなるほどと思うことばかり。
最後に、茂木さんは第九は内容の通り今までとは違う未来を作るという意味で
日本の除夜の鐘と同じだとおっしゃっていたのが印象的でした。



<< 風邪から脱出しました。 「一万人の第九」に完全燃焼! >>