霊仙山を登る お終い
西南尾根から一気に下り笹峠へ。
先方にいる3人組の人達に追いつき廃村までご一緒させていただく。
彼らは手慣れたように道端に咲く花を見つけては手際よくカメラを向ける。

廃村に着くなり水場へ走り顔を洗い乾いた喉を潤す。
気持ちいい~!水の大切さを痛感する一瞬だ。
さて、ここから駐車場まではどう行けばよいのか道標がねーぞ。
そこへ2組のご夫婦が来られたので尋ねてみると、同じように駐車場へ
戻るというのでご一緒させていただく。
沢沿いに沿って歩き登り返すと”汗フキ峠”にでるらしい。
途中、歩きながらお話しさせていただくと三重県の松坂市から来られ毎週のように
夫婦で登山を楽しまれているそうだ。
夫婦で共有できる趣味を持てることは幸せだろうな・・・・。
16:30無事、駐車場到着。

最後に苦言を・・・霊仙山は花の山として多くの登山者に親しまれていると思うが
所々でペットボトルのポイ捨てが目立った。山を登る者としては最低のマナーだが
嘆かわしいことである。

では最後にフクジュソウ オンパレードをどうぞ!
f0073587_0435474.jpg

f0073587_0442753.jpg
f0073587_0444452.jpg
f0073587_0445949.jpg
f0073587_0451652.jpg





f0073587_0534269.jpg
↑西南尾根全景
f0073587_05495.jpg
↑近江展望台の標識。なるほど絶景じゃ~
f0073587_04772.jpg
f0073587_0472166.jpg

f0073587_0524331.jpg

f0073587_0485733.jpg
↑松坂市からこられた皆さんとご一緒させていただき道に迷わず助かりました。御礼!
[PR]
by mido811 | 2007-03-10 01:02 | 鈴鹿・霊仙山 | Comments(0)


<< 雨男、堂満岳を登る。 その1 霊仙山を登る vol3 >>