霊仙山を登る vol3
さあ、霊仙山を目指し、みぞれとなった残雪をアイゼンなしで
登り始める。トレースのない所に足を踏み入れると膝まで沈み
雪が靴に入りビショ濡れとなる。だから爪先立ちするように前屈みになりながら
慎重に足を運ぶ。

頂上に到達、と言っても三角点の頂上で最高峰は隣の山だ。
向かいには伊吹山が霞んで見える。
足早に最高峰へ移動。
ここで昼食。今日はアルファ米+レトルト親子丼、デザートは”あっさりミカン”と
草餅一つ。

13:00最高峰を後にして西南尾根ルートで下山する。
尾根に向かうために崖っぷちにの道をたどると突きたった岩を歩くこととなる。
危険を感じつつも群生するフクジュソウとようやくご対面。
一面に広がるフクジュソウをカメラに納めようと格闘している男性から
藤原岳でも花が開花していると聞かされた。
これも暖冬の影響だろうか?
f0073587_23124010.jpg
↑近づいて見るとかなり急登!
f0073587_23135100.jpg
↑雪は溶け泥とまみの状態。爪先に体重を掛けて登る。
f0073587_23133086.jpg
↑霊仙山三角点に到着。360度のパノラマが広がる。




f0073587_23333442.jpg
↑琵琶湖湖岸がくっきり見え始めた。
f0073587_23143358.jpg
↑1094m霊仙山最高峰到着。向かいは伊吹山
f0073587_23163039.jpg
↑西南尾根に広がるフクジュソウ
f0073587_23170100.jpg
↑至る所にフクジュソウが広がり足下を注意しながら歩く。コースが分かりにくい。
f0073587_23343873.jpg
↑満開のフクジュソウ
[PR]
by mido811 | 2007-03-08 23:47 | 鈴鹿・霊仙山 | Comments(2)
Commented by nori-126 at 2007-03-09 23:54
midoさん 天気がよくて素晴らしい山行きでしたね。春の山はもっと雪があるのかと思っていましたが、今年は特別でしょうか?伊吹山の堂々とした山容がいいですね。30年くらい前に伊吹山に登りましたが、そこから霊仙山を見ていたのだと思います。
Commented by mido811 at 2007-03-10 01:20
noriさん、お久しぶりデス。
お陰様で私にしては珍しく天候に恵まれ気持ちのいい一日を過ごしました。正面に見える伊吹山は百名山らしい風格があります。


<< 霊仙山を登る お終い 霊仙山を登る vol2 >>