第九三昧

f0073587_205191.jpg
今日は待ちに待った「一万人の第九」放映の日。
午前中に”米”の買い出しを終えテレビの前で今か今かと待つ。

今年は優香がナビゲータで登場。
お決まりの「ベートベン」とは?「第九」とは?を番組の2/3を
割いて演奏の模様はほんの僅かだ。あ~うんざり!毎年登場人物は変わっても同じ事を
繰り返しているように思える。せめて「一万人の第九」がどのようにして
築かれるのかその過程を見せるぐらいしてもよいのでは・・・
NHKの”ドキュメント72H”をMBSには見習って欲しい。

と、うんざりしていると15:00からNHK-FMでN響の第九演奏会の
生中継が放送開始。第一楽章からすばらしい音で楽しませてくれる。
良い時代になったと実感!(デジタルだよ)
毎回、第四楽章の最初の方は思わずウルウルきてしまう。そして合唱では
同じように歌っているから習性とは恐ろしいものだ!

後は「一万人の第九」DVDが来るのを待つばかり也。
[PR]
by mido811 | 2006-12-24 02:04 | ひとりごと | Comments(4)
Commented by nori at 2006-12-24 16:47 x
「1万人の第九」の放映、参加者としては練習や演奏をもっと出して欲しいけど、番組としてはこういう形になるでしょうね。放映の時間に、シンフォニーホールでコンサートを聴いていました。音響的には、大阪城ホールとは比較になりません。「1万人の第九」はやはり参加するものだということを再認識しました。
Commented by ぷちこ at 2006-12-24 22:58 x
midoさんがNHK-FMの「今日はまるごと第九!」(でしたっけ?)の情報を書いてくださっていてすごく嬉しかったです!コメントはまめにチェック欠かせませんね(^ ^) MBSのほうは3年前見た時にあまりの編集のヒドさにがっかりし正直期待してませんでしたのでTVの方はビデオを回しておきました。クリスマスの準備をしながら聞いていましたがN響の生放送前にかかったのは「カラヤン先生のだ」って自分がわかったことに自己満足(笑)15:00からの生放送は素晴らしかったですね!TVの方はある意味期待を裏切らないがっかり度でした(爆)3年前「映像はTVで観られるからCDを買っておこう」という人が私を含め何人かいたようですがTVの合唱部分の「バッサリ加減」には怒りというより悲しさを覚えました。今年はDVD予約しました。記憶違いかもしれないけどDVDの値段が上がってる気がする。。。私は小学生の時から「山本直純さん」の一万人の第九の毎年楽しみにTVで観ていて「いつかこれに出たい!」と思った者です。今の子供達があの番組を観て「一万人の第九」に憧れを持つようになるとは、私には考えにくいです。。。
Commented by mido811 at 2006-12-25 00:33
noriさん、こんばんは。
全く”第九”をご存じない方へ説明する主旨であれば納得するんですが、
どうも”一万人の第九コンサート”はこんなに素晴らしいだぞと最後は言
いたげなので結局サントリーへの結果報告のような・・・(愚痴全開)

シンフォニーホールへ行ったことがないのでよく分かりませんが
確か、音響設計を現地欧州と同じ効果がでるようにしたとか聞いたことが
あります。仰るとおり私も”万九”は参加sるものだと思います。
Commented by mido811 at 2006-12-25 00:49
ぷちこさん、お役に立てて嬉しいです。
今年はN響の第九をTV生中継せずFMのみでしたね。
でもTVは映像中心になりがちですが、FMだと音をじっくり聞くことが
できるので迫力に感動しました。FMもデジタル化してますのでS/Nの
良い音が楽しめます。

万九のTVについては合唱部分の編集の雑さに驚いています。
それと旬のタレントを感動させる的な作り方は止めて欲しいです。
ラジオでもそうですが、NHKの”ラジオ深夜便”が流行りだすと中味を
吟味せず年輩の人を出演させれば共感を呼ぶだろう的な番組を作る
MBSに?・?・?です。

それとN響第九の放映は確か12/28/BS-2と12/31/教育TVだったような????
うるおぼえですので一度確かめて下さい。


<< DVDがキター━━━━(゜∀゜... 年賀状作ってます。 >>