雨男、武奈ケ岳へリベンジ! -1
8/27以来2度目のチャレンジとして10/14坊村より登る。
前回はくしくもガスのため山容すら見ることが出来なかったが
今回は紅葉期待でリベンジすることとした。

JR堅田8:45発細川行の江若バスを待つ人がこんなに居るとは・・
1台では乗り切れず坊村行き臨時バスが運行された。

今回のコース
JR高槻--JR堅田--坊村(江若バス)--御殿山--ワサビ峠--武奈ケ岳
--イブルキノコパ--八雲ケ原--北比良峠--大山口(ダケ道)
--イン谷口--サクラノコバ--JR比良駅--JR高槻

f0073587_18445410.jpg
↑坊村バス停を下りると公共トイレ、そして明王院の途中には料亭の水車が見える。
f0073587_1845491.jpg
↑明王院の脇から御殿山コースがスタート。
f0073587_1935433.jpg
↑いきなり急登が始まる。初回からトルク全開とは・・・



f0073587_194615.jpg
↑ひたすら登る。登る。
f0073587_1941410.jpg
↑杉の木を縫うようにひたすら登る。
f0073587_1952235.jpg
↑この標識からやや緩やかに。途中、靴底がはがれ応急処置をしている人がいた。
f0073587_196027.jpg
↑御殿山山頂到着、既に数人が昼食中。途中コースがわからなくなり立ち往生していると、後から来た青年が教えてくれ事無きを得た。やはり一人はリスクが多いと感じる。
f0073587_1961772.jpg
↑ガスがかかり雲行きが怪しくなってきた。ガスの晴れ間から武奈ケ岳が姿を現す、ようやく武奈に会えた瞬間だった。
[PR]
by mido811 | 2006-10-15 18:28 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(3)
Commented at 2006-10-16 10:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mido811 at 2006-10-17 23:59
ご案内いただき有り難うございます。
アルバム楽しみですね。
せっかくですがライブの方は、なかなか行けそうにありませ~ん。
Commented at 2006-10-19 18:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 雨男、武奈ケ岳へリベンジ! -2 雨男+晴女、大台ヶ原を行く。その3 >>