食欲の秋、復活”牛丼”を食す。
食欲の秋という訳ではないが、今日だけ牛丼を復活させると
聞き吉野屋へ奥方と向かった。
長蛇の行列かと思いきや意外に空いていた。

店員がいつものバイト君と違い要領を得ないし
もったいぶるかのように牛丼を出してきた。
”生玉子”を追加注文したら真顔で牛丼を出してきたのには参った。
さて、第一印象は肉が小さく縮れ量が少ないように感じた。
(写真とエラ違うゾーー。)
口に入れた瞬間、肉に十分味がついておらず、とろけるような柔らかさもなく
期待は見事に裏切られた。

結論としては、「これって今迄食ってきた牛丼じゃなーーーーーい!!」
と言うところでしょうか。
それとも豚丼で慣らされたか?
f0073587_22393694.jpg
↑高槻・神峰山寺バス停付近より荻谷方面を望む。雲がどんどん流されていきます。
[PR]
by mido811 | 2006-09-18 22:49 | ひとりごと | Comments(0)


<< 胃・山・うたの一日 雨男、ポンポン山へ >>