雨男、武奈ケ岳を登る。 その3
帰路コース
山頂--八雲ケ原--北比良峠--ダケ道--大山口--イン谷口

何も見えない西南稜を過ぎると急に山頂が現れた。
帰路はダケ道を経由するが、薄暗い中を下っても下っても下った感じがせず
苦痛さえ感じる。青ガレ経由で登る人が多いのはうなずける。

f0073587_2272365.jpg
↑晴れたら絶景、西南稜。
f0073587_2273635.jpg
↑頂上到着。ガスは一向に晴れる気配なし、あ~360度のパノラマは何処へ・・



f0073587_228844.jpg
↑急登を下り八雲ケ原のスキー場跡に到着。どうやって入れたのか?ダンプやクレーンが停まっている。
f0073587_2283783.jpg
↑八雲ケ原の木道を通り北比良峠に向かう。
f0073587_22967.jpg
↑金糞峠・北比良峠分岐。青ガレ経由で戻れば・・後の祭り。
f0073587_22102295.jpg
↑比良ロープーウェイ山上駅跡。北比良峠からひたすら下る。何時になったら下山出来るのかと思うほど単調な下りが続く。
f0073587_22103455.jpg
↑イン谷口を出て湖西道路で家路へ向かう途中、静かな琵琶湖畔が・・
[PR]
by mido811 | 2006-08-29 22:38 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(0)


<< 「一万人の第九」レッスン開始 雨男、武奈ケ岳を登る。 その2 >>