雨男、武奈ケ岳を登る。 その1
8月27日、登山候補の一つであった「武奈ケ岳」に登ってきました。
前日のピーカン天気とは違い、早朝より雲が広がっている。
私は強烈な”雨男”なので「あ~、やっぱりな」と変に納得できるのである。

コースとしては正面谷より
大山口--金糞峠--中峠--ワサビ峠--武奈ケ岳を辿る。
コース全般ガスで覆われ途中、コースを見誤るところも多く濡れネズミ
状態で進むこととなった。本来、武奈ケ岳は比良山系の最高峰で360度
パノラマ風景を楽しめるはずだったのだが・・・
登山道は沢を登るところが多く日が射さない場所も多々あり”マタギ”になった感じがした。

f0073587_1245271.jpg
↑駐車場。いつもだと満車だそうだ。
f0073587_12453966.jpg
↑振り返ると対岸の近江八幡・沖島方面が見える。
f0073587_12455016.jpg
↑大山口、帰りはダケ道を経てここに出る。5回目の登山という方と途中までご一緒させていただく。

f0073587_1246059.jpg
↑青ガレ。最近、落石事故が続出し迂回を呼びかける看板が登山口にあった。
f0073587_12461570.jpg
↑見るからに危険だが、迂回を呼びかけても大半は青ガレ経由で登るらしい。私もそうだが
f0073587_12463145.jpg
↑青ガレを過ぎてもガレ状態の険しい場所をひたすら登る。6人のパーティーに抜かされた。
[PR]
by mido811 | 2006-08-28 13:06 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(0)


<< 雨男、武奈ケ岳を登る。 その2 大山 おまけ >>