兵庫県の屋根「氷ノ山」でSOTA運用 JA/HG-001
f0073587_2382815.jpg

2017年9月24日(日)
毎年登りたい山リストに入っていた氷ノ山に行ってきた。
どうせ登るなら紅葉シーズンがベストだが無線もやるとなると
混雑時期は避けたいところ。当日は天気も味方してくれそうなので行ってみることにした。

我家から現地到着までをgoogleで検索すると2時間50分と出た。
そこそこ距離があるが高速道路を乗り継ぐので未だ楽な方だ。
早朝4時に家を出て茨木ICから中国道吉川ICに向かい
そこから北近畿自動車道に乗り継いで春日IC経由してR427で八鹿氷ノ山ICに向かった。
ICを下りR9、R87と辿り登山口である福定親水公園に到着。
春日ICへ向かう途中、朝焼けとともにガスが一面を覆い幻想的な風景に出遭えた。
f0073587_012442.jpg

目的地に到着すると天気は予報通り快晴。
駐車場は少し空きがあったが人の気配はない。
恐らくみんな早朝から登り始めたんだろう。
f0073587_0142679.jpg

車から出ると冷やりとして肌寒い。
それでも身支度を整えて登山口へ向かった。
f0073587_029760.jpg

登山口には周辺マップが立っていたが
その先は河原が広がりどこへ向かえばよいか迷った。
f0073587_0312299.jpg

迷いつつもガレた河原を進むと”仮登山道2という立看板を見つけた。
矢印の方へ進んでみるがなにせ初めてなので見当がつかず立ち止まった。
f0073587_20252923.jpg

そこへ救世主のように現われた一人のオジサン。
勇気を出して登山口を尋ねると、先週の台風で河原はえぐられ
登山道に続く橋も流されたそうだ。今は簡易の橋として丸太が掛けられていた。
f0073587_20285420.jpg

オジサンとはここでお別れし先に進む。
暫く歩くと「二十八曲がり」の看板。
これから28回ジグザグに登るのか。
f0073587_20582361.jpg

単調な登りに飽きないためか「のぞき滝」というのがあった。
お地蔵さんが立っているが滝は木々に遮られ見ることは出来ない。
f0073587_2113083.jpg

続いては「連樹」。7つの木々が支えあって生えているそうな。
f0073587_2132272.jpg

とうとう28回を過ぎた。
f0073587_0295582.jpg

坂が終り緩やかな登山道で山を移動していく。
その途中にある地蔵堂を通過。
f0073587_0342115.jpg

更に進むとトリカブトの群生? 今は枯れているが紫色の花が鮮やかだったであろうと想像できる。
f0073587_038926.jpg

続いて昇降階段。谷を流れる沢を渡渉する。
f0073587_0422088.jpg

新たな山に入り緩やかな坂を登る。植生も変わり見上げれば葉が色づき始めていた。
f0073587_0462058.jpg

喉が渇いた頃に水場が現われた。先ずは「ひえの水」と呼ばれる水場。
水量は確認できないものの溜まった水をコップですくって飲んだ。
f0073587_0494212.jpg

更に登るとこちらには「とうろう岩」の看板。28曲がりでもあったが
木に覆われて意図したものが見えない。果たして「とうろう岩」とは何ぞや?
f0073587_052796.jpg

坂を登ると二番目の水場「弘法の水」があった。
ここは水量も確認でき蓄えるには充分で飲んでも癖もなく美味かった。
f0073587_0541769.jpg

最後は「一口水」という水場だが、水が染み出ている程度で飲むことはできなかった。
f0073587_056414.jpg

そして、鳥取県側からの登山道との分岐となる氷ノ山越に到着。
登攀中は誰にも出会わない静かな山歩きだったが一機に賑やかになった。
f0073587_134377.jpg

木々の間からは氷ノ山の容姿を捉えた。
シンボルの三角屋根の避難小屋が見える。
f0073587_145390.jpg

休憩を入れ歩き始めた。氷ノ山越からは登山者も増え賑やかになった。
アップダウンを繰り返しながら高度を上げブナの原生林に入った。
f0073587_174514.jpg

いよいよ稜線歩きか、向かいの鉢伏山が俯瞰できた。
f0073587_191656.jpg

氷ノ山に取り付くまでに登り返しがあるのかと覚悟しながら歩いていたが
その先には仙谷登山口へ続く仙谷分岐があり一息ついた。
f0073587_1143038.jpg

ここまで来ると氷ノ山は至近距離だ。
f0073587_1154381.jpg

登山道は氷ノ山を巻くように登り始める。先程の分岐から程ないところで
岸壁を登るような道に迷う場所があるため要注意だ。数名の登山者が迷い込んでいた。
岩ガレの道が切れると木道に変わり山頂へと続く。
f0073587_1234372.jpg

11:00山頂に到着。ネットで見る限り避難小屋が強調されるが山頂は意外に広かった。
f0073587_1274018.jpg

非難小屋前には間宮町の山頂ケルンがひっそりあった。
f0073587_1301188.jpg

時間も押し気味なのでアンテナのマストを立てようと準備をしていた矢先
ある男性登山者から「これ何ですか」といつものように尋ねてきた。
「アマチュア無線のアンテナです。」と返答したところ意外なことが返って来た。
「もうすぐしたら山頂に小学生の団体がやって来るんですが大丈夫でしょうか」と。
詳しく聞くと引率の先生だったようで遠足で120名の小学生が登ってくるという。
安全を考慮するとHFのアンテナを上げるのは後にして先にU/V用のアンテナを上げることにした。
その為、避難小屋裏へと移動することにした。
f0073587_1414446.jpg

予定通り小学生が大挙してやってきた。移動して正解だった。
早速、U/V用のホイップアンテナをマストの先に装着して2mほどマストアップ。
準備が整ったところでLet's SOTA!
f0073587_1453395.jpg

【本日の交信結果】
FT-817ND/5w + RH770(144/430M)
氷ノ山 標高1510m SOTA#JA/HG-001
兵庫県養父市  JCC2723

11:40 JI3BAP  51/51 大阪府高槻市※144.255MHZ/SSB
11:45 JA3AYS 55/57 大阪府守口市
11:47 JJ3NEH  55/55 大阪府東大阪市
11:51 JG3VHY 53/53 京都市山科区
11:56 JE4NAN 59/54 広島県呉市野呂山
12:01 JP3SNA/3 51/53 大阪府泉佐野市
12:07 JH3IQL 59/59 京都府京丹後市
12:11 JJ3AMO 55/55 大阪府藤井寺市
12:24 JS2AAV/2 59/59 三重県三重郡菰野町御在所岳※144.230MHZ
12:30 JA1SEV/2 51/53 岐阜県高山市西穂高岳※144.170MHZ
12:37 JH4MGU 59/59 鳥取県鳥取市※433.180MHZ/FM
12:41 JA9MGH 59/56 富山県高岡市
12:47 JA9LNZ 59/57 石川県白山市
12:52 JO3ALU/3 55/59 三重県伊賀上野市高旗山
12:56 JS3LOW/3 55/59 奈良県御所市大和葛城山
13:02 JP3DGT/3 59/59 JA/OS-010堂床山
各局、FB QSOいただき有難うございました。
広島勤務時代に呉市野呂山にある某OMさんのシャックに行ったことがあり
QSOできたのは感動だった。当時山頂には2局だけだったのが今や5局のシャックがあるらしい。
また、その4エリアからダクトが発生しているらしく0、1、6とQSOできたとQSPをいただく。
f0073587_2114018.jpg

ちょうど登山日和とあって今日は山岳移動局が多く御在所岳や西穂高岳の移動局と
QSOできたのはラッキーだった。また、430MHZでは日本海ダクトの影響なのか
富山と石川県の固定局ともQSOができた。それも何度かQSOいただいていた局だったので
ご縁に感謝だ。これだから無線は面白い。

無線を運用中は予想とおり小学生がやって来て珍しそうに見ていた。
残念ながら周囲に配慮しいつもはイヤホンで受信しているので
端から見ると何やっているのだろうと思われているだろうけど。
無線終了と共に小学生も下山し静かな山頂に戻った。
f0073587_214119.jpg

今からHFのアンテナを立てても時間的に余裕がない。
ならばカップヌードルすすって下山するか。
f0073587_217434.jpg

下山途中、団体さんとも擦れ違い多くのハイカーが登っていたと思われた。
登りよりも下山する方が山の色づきが分かるようだった。
f0073587_2215037.jpg

氷ノ山の場合、周回して戻るのが一般的のようだが
初めてということもありピストンして下山、しかし氷ノ山越から先は
誰にも出会わず静かな山歩きを楽しめ15:30に登山口の河原に戻ってきた。
f0073587_2251084.jpg

登山口駐車場に戻ると路肩駐車も見受けられ人気の度合いを感じた。
f0073587_2411868.jpg

念願叶い今回ようやく氷ノ山に登ることができた。ブナも多く秋の紅葉の見事さは
容易に想像がついた。それに展望も良く兵庫県の屋根と呼ばれるだけあって
電波も遠方に飛んで行ったに違いない。次回こそHFのアンテナを上げて運用したいものだ。
[PR]
by mido811 | 2017-09-27 02:39 | 氷ノ山 | Comments(2)
Commented by あぶ at 2017-09-28 17:59 x
こんにちは。
とても良い感じの山ですね。駐車場も綺麗だし、山頂は広くてアンテナ立て放題に見えます。平日なら楽しめそうです。土日はやはり込み合いそうですね。良い山頂なだけに(^^♪お疲れ様でした。
Commented by mido811 at 2017-09-28 22:23
あぶさん、コメントいただき有難う。
そうですよ。山頂は広くHFのアンテナを展開するにはもってこいなんだけど
人気の山だけあって土日は避けたほうが良かったようです。
そういうことを考えるとあぶさんが逆に羨ましいかも・・・・


<< 1万人の第九2017 森ノ宮4... 台風一過は鎌ケ岳でSOTA運用... >>