ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 50MHZIVDPのお試し
f0073587_21502739.jpg

2017年8月27日(日)
先週のアルプス帰りから1週間が経過。
今日はのんびりと週末を過ごそうかと思いきや先日製作した
50MHZ用のIVDPを実践投入してみたくなり
久しぶりにポンポン山へ向かった。
f0073587_21534878.jpg

まだまだ残暑が厳しいというのに駐車場はいつも以上に満車。
原付バイクも置く場所を探すほどの大盛況だ。
しかし、歩き始めると分かった。
木々が育ち木陰ができるので気温がぐっと低く返って過ごし易いのだ。

だから皆さんが山に入っているということだろう。
いつも以上にペース遅くポンポン山山頂に到着。
登山者は木陰で涼んでいるので誰もいないように見える。
f0073587_22061.jpg

早速、50MHZ用のIVDPを設置すべきだが今日はどうも
430MHZのコンディションがすこぶる良いらしく山の中にもかかわらず
ハンディ無線機だけで広島県廿日市市の大峰山移動局と交信ができたのだ。
なので、50MHZではなく430MHZで遠距離交信を期待して2m程度
マストアップしてホイップアンテナ/RH770を付けてみた。

すると433.020MHZで御嶽山の麓、田ノ原高原移動局がフルスケールで入感。
すぐさまコールし59/59でコンファーム。しかし、地上局との交信では信号が
QSBを伴い1-9に変化すると云っていた。山頂では感じないことが地上では
起こっているというのは興味深かった。

交信を終えようとするとJJ3AMO局からブレイクが入った。
久しぶりに声を出したのでお声掛けしてもらったようだ。有り難い事だ。
AMO局とのラグチューを終えてIVDPのトライアルに移行するところで事情を知らない局から
コールをいただく。有り難い事に続けさまに3局からコールをいただいた。

一区切りできたところで本題のIVDPを設置する。
f0073587_22121886.jpg

地上高からすると4m程度に給電点があり割と綺麗な三角形ができたのだが
無線機のSWRを見るとバーが2つくらい振る感じ。地上で調整した時には
SWR1.1まで追い込んだのだが残念な結果だ。

気持ち悪い結果なので開き具合を調整しSWRバー1つまで追い込んだが
その後は、どうしてみても変化せず。やはりフロートバランとか入れたほうがいいのだろうか。
でもバランなしで先日はSWR1.1まで追い込めたのでそれが要因ではないと推察。
ならばと実践投入してみた。

ちょうど岡山県新見市の移動局がCQをだしていたので
すかさずコールし59/59で交信成立。相手の耳がいいのかそれとも思う以上に
電波がでているのかはこれからの検証課題になる。50MHZもガラガラの状態で
ようやく2局目となる大阪市平野区の局からコールいただいたが以降は静かなもの。

結局、15:00を廻っていたため撤収のうえ下山することに。
やはり明確な数値で捉えない限り調整が難しいだろう。
そうなるとアンテナアナライザを買うしかないかな。でもアルプスへ行ってただ今金欠だし。
山頂には誰もおらず寂しく立ち去るのだった。
[PR]
by mido811 | 2017-08-27 22:25 | アマチュア無線 | Comments(2)
Commented by あぶ at 2017-08-29 18:09 x
こんにちは。
本当に山頂には誰もいないように見えます。皆さんこかげですか?面白いです(^^♪アンテナ上げ放題ですね。SWRはなかなか興味深い挙動をしますね。僕のIVDPも角間山でのみ地面に近い7M,10M用のSWRが使えないくらい上昇していましたが、昨日の三壁山では1.1くらいでした。よくわかりません...?
Commented by mido811 at 2017-08-30 08:51
あぶさん、おはようございます。
そうですか?要因が特定できないのはもどかしいですね。
つきつめれば地質学に及ぶかもしれないので
素人は、この辺にしておきます。
ただ、7や18だとFT817のswrは表示せず
poはガンガン振るので50は周波数的にも
難しいのかな?


<< ギボシアンテナの調整始めました。 1万人の第九2017 森ノ宮4... >>