花を求めて高島トレイル赤坂・三国山プチ縦走 JA/SI-021
f0073587_16592166.jpg

2017年5月2日(火)
前回に続き2010年1月以来7年ぶりの山行になる
高島トレイルの赤坂山、三国山をプチ縦走する。
GWはめちゃ混みなので有給休暇をとって
静かな山を満喫する。

現地へ鉄道とバスを利用すると登山口のマキノ高原に
10時前にしか到着できないので車で早めに現地入りする。
自宅を5時に出発し名神高速山崎ICから京都東IC経由で
湖西道路161号線でマキノ高原へ向かう。
ちょうど6時前には比良山を正面にして走行。
f0073587_13154242.jpg

マキノ高原に入る手前で今や観光スポットとなった
メタセコイヤのトンネルを通過。
前からこんなに長かったかな?
f0073587_13185567.jpg

7時前にマキノ高原の駐車場に到着。
先客と思われる車が2台駐車。
今日もいい天気になりそう。
f0073587_1321682.jpg

さすが琵琶湖の北部だけあって気温は低く風もある。
身支度をして広い高原を縦断し登山口に向かう。
f0073587_1324160.jpg

高原の手前にはゲートボール場?で
奥はオートキャンプ場になっているよう。
申し遅れました。本日の影武者です。
f0073587_13263124.jpg

登山口は高原右奥にある。
近づかないと分からないくらい目立たない。
こんな有名な山なのに・・・
f0073587_13283695.jpg

暫くは、階段のような土留めが続く。
東屋までは花はなく雑木林。
f0073587_13585651.jpg

ポイントとなる東屋に到着し小休止。
先に登っていた男性と会話する。
男性は高原で採ったというワラビを見せてくれた。
f0073587_1415539.jpg

ここから先は植生が一変し花街道になる。
先ずはイワカガミ。ちょっと開花には早く蕾が多かった。
f0073587_1432571.jpg

続いてはイカリソウ。
登山道脇にこれでもかと咲いていた。
f0073587_1441975.jpg

ちょっとした堰を越え滝を過ぎると
新芽でブナのミドリが眩しい。
f0073587_14103469.jpg

土留めの隅にはシハイスミレ。
f0073587_14112027.jpg

登山道には未だ蕾のイワカガミの群生。
いっせいに咲いたら華やかだろうな。
f0073587_14133050.jpg

こちらはイワウチワの群生。
ちょうど見頃のようだ。
f0073587_14144253.jpg

ちなみに赤坂山のイワウチワは淡いピンクで
三国山は濃いピンクだった。
f0073587_1416438.jpg

更に登ると今日初めて”明王の禿”を確認。
f0073587_14181373.jpg

ショウジョウバカマもあった。
f0073587_14185997.jpg

黄色が鮮やかなオオバキスミレ。
f0073587_14212279.jpg

花を観賞しているうちに稜線に出たようだ。
琵琶湖が眼下に見えた。
f0073587_14231798.jpg

更に進むと今にも咲こうとしているカタクリを発見。
f0073587_14254585.jpg

カタクリの側にはイワナシを発見。
高山植物の知識なく赤坂山に来て
初めて見たのがイワナシだった。
f0073587_14263730.jpg

こちらはベッピンさんのカタクリ。
恥ずかしがって下を向いている。
f0073587_1432038.jpg

高島トレイルとの合流ポイント「粟柄越」に到着。
高島トレイルは大谷山・寒風へ、もう一方は
福井県美浜町へと続く。
f0073587_14362134.jpg

キツネの送電線顕在。
美浜町の原発で発電した電気を送電。
f0073587_1440433.jpg

あと、もうひと分張りで山頂だ。
f0073587_143912100.jpg

9:10山頂到着。
花の観賞で時間を食ってしまった。
所要時間2時間はかかり過ぎた。
f0073587_14424275.jpg

ここはあっさり通過して次なる三国山へ向かう。
右に見えるは”明王の禿”、左が三国山。
三国山へは明王の禿から巻いて登るが、これが長い!
f0073587_14452841.jpg

砂礫の”明王の禿”通過。
f0073587_14491747.jpg

ここからは、黒河林道となり三国山の
分岐までが長い。標識も壊れ分岐を見失いそうだ。
f0073587_150880.jpg

やれやれ、ここから直登するのが
判っているだけに憂鬱な気分だ。
しかし、そんな私に神様はやる気を授けてくれた。
じゃ~ん、石川県の名峰白山が現れた。
f0073587_168471.jpg

疲れも吹っ飛び一機に山頂へって・・・ウソ。
だらだら登って10:15山頂到着。ここまでで3時間。
f0073587_169880.jpg

のんびりもしておられず、すぐに無線の準備に取り掛かる。
最初は50MHZから。昨日からEスポの出現(異常伝播)で
沖縄や石垣島各局がガンガン入っていたので期待は膨らむ。
f0073587_1610314.jpg

さぁ、これから無線タイム。
Let's SOTA!
【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + VDP(50MHZ)、2エレHB9CV(144MHZ)
三国山 876m  SOTA# JA/SI-021
滋賀県高島市 JCC2312
10:48 JK3SIC 56/57 滋賀県大津市※50.215MHZ/SSB
11:05 JL3TEQ/3 59/57 兵庫県豊岡市
11:11 JG3UCA 59/59 滋賀県長浜市
11:18 JM3HRC/3 55/58 JA/SI-006蓬莱山
f0073587_16162753.jpg

12:27 JO3EET 59/59 滋賀県高島市※144.170MHZ/SSB
12:33 JO3ALU/3 59/59 JA/SI-061奥島山
12:42 JH3KHS 59/59 大阪市住吉区
各局、FB QSO有難うございました。
初っ端CQを連呼しても反応無く心配したが
規定の4局交信はクリアできた。
面白かったのは、UCA局。当局が沖縄へ移動している局と
勘違いしてコールいただいたよう。また、HRC局との交信終了後
沖縄のJS6EOG局を確認しHRC局双方でコールしたが
QRPでは届かなかった。

昼メシにカップラーメンを作っている間
応答が無いと思い込んでCQをだした途端
応答をいただいたが、その後も次々に応答いただき
終ってみたらカップラーメンは油ソバと化していた。(笑)

山頂に滞在中、多くの登山者が登ってきた。
中でも高島トレイルを縦走する人たちも多くいた。
体力があればやってみたいが、体重を減らさない限り今はムリ。
機材を撤収しザックにパッキング完了。
下山開始。HRC局からは黒河林道を下りた方が近いと
アドバイスを貰ったが花を見たさにピストンにした。

土留めの階段を下りていくとザックが2個放置。
さっき空身で登ってきた夫婦はトレイル縦走中とすぐに分かった。
f0073587_1634641.jpg

林道脇にはイワウチワが群生している。
赤坂山のとはDNAが違うらしい。色が濃い。
f0073587_16352980.jpg

林道は、まだ残雪があった。
f0073587_16371828.jpg

明王の禿に向かう登りで白が鮮やかな
タムシバを見つけた。往きでは気付かなかった。
f0073587_164004.jpg

これも気付かなかったなぁ。
真正面に伊吹山があったとは・・・
f0073587_16422699.jpg

明王の禿まで返って来た。
f0073587_16431532.jpg

目指すは赤坂山だ。ここから観ると円錐形。
f0073587_1644996.jpg

赤坂山通過。一機に下りる。
f0073587_16445655.jpg

途中、イカリソウやイワカガミを存分に鑑賞し
東屋まで返って来た。
f0073587_16465161.jpg

雑木林の登山道を歩き三国山から
約2時間でマキノ高原に返って来た。
f0073587_1650541.jpg

最後は駐車場到着でフィニッシュ。
f0073587_16513727.jpg

帰りもメタセコイヤのトンネルを通り
WinningRunといこう。
f0073587_16525668.jpg

7年ぶりで所々で記憶が違っていたが
花を愛でる登山を教えてくれた赤坂山。
また、どんな環境でも子孫を残そうとする
植物の強さを感じる山行だった。

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2017-05-04 16:59 | 赤坂山・三国山 | Comments(2)
Commented by ALU at 2017-05-04 17:30 x
先日は交信ありがとうございました。
この日は、天気もよく絶好の移動日和でした。
白山もきれいですね。
また機会がありましたら、高島の山にも登ってみたいと思います。

ALU
Commented by mido811 at 2017-05-04 21:47
ALUさん、こんばんは。
いつもお相手いただき有難うございました。
当日は、快晴の登山日和でよかったですね。
大抵、雨と嵐に遭遇するパターンなので少々戸惑ってました。(笑)

山頂で敦賀から走ってきたというトレランのお兄さんに遭遇しましたが
高島は滋賀県というよりは福井県ですね。赤坂山とならんで
近くの大御影山も花の山ですので是非~。


<< ゴーヤの苗植えました。 8年ぶりの霊仙山 JA/SI-010 >>