嵐を呼び込む竜ヶ岳 JA/ME-014
f0073587_16222250.jpg

2017年4月22日(土)

雪融けも進み暖かくなれば登ろうと思っていた山の一つ
鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ向かいます。

前回は昨年11月に宇賀渓登山口から登り
ガスの中をへろへろになって登った。
しかし、調べてみると時短で登れることが分かり
今回はそのコースを辿る。

現地の駐車場が狭いこともありネットで調べる限り
現地には6:30には到着する必要がある。
しかし、出遅れて自宅を5時に出発し名神高速の
八日市ICで下り、国道421号線をひた走る。
f0073587_13324845.jpg

途中、石榑峠トンネルの入口手前を左折して旧421号線に入り
石榑峠登山口には7:20到着。
f0073587_13332018.jpg

既に先客が2台駐車。
身支度をしようと外へ出ると風は強く寒い。
通行止めの向こうは三重県いなべ市、ここは県境。
砂礫の登山口から出発。
f0073587_13384697.jpg

左に石榑雨量局を見ながらいきなりの急登に取り付く。
その先は、やはり砂礫の登山道で滑りやすい。
f0073587_1342215.jpg

更に進むとガレた場所に到着。
補助ロープをつかみながらガレ場を通過。
f0073587_13451577.jpg

ガレ場を抜けると今日始めて竜ヶ岳の容姿を望めた。
f0073587_1353562.jpg

更に登ると登山道の案内板があった。
竜ヶ岳まで85分。
f0073587_1414018.jpg

登山道脇にショウジョウバカマ発見。春来る。
f0073587_1435725.jpg

先程の案内板から登山道は砂礫から土に変わった。
8:00ポイントとなる”重ね岩”到着。
f0073587_14727.jpg

暫し休憩し旧国道421号線を俯瞰してみる。
f0073587_1494320.jpg

登り始めには竜ヶ岳がそびえ立って見えたが
登ってみると見た目よりしんどくはない。
さぁいこう、あと一息。
f0073587_14122789.jpg

今見えている先っぽをロックオン。
その先はどうなっているのだろうという思いを秘めて詰めていく。
f0073587_14143091.jpg

そして、先っぽに到着。
その先はというと笹に覆われる中を登山道が伸びていく。
f0073587_142127.jpg

周囲は笹しかなく遮るものはない。
その為、風をまともに食らい更に寒く感じてくる。
笹の登山道を何度かアップダウンしたところで山頂を確認。
f0073587_14315226.jpg

8:40山頂到着。
生憎、霞んで展望は利かず。
しかし、先客1名が展望が開けるのを
待っているかのよう佇んでいた。
f0073587_14474638.jpg

風は益々威力を増し吹きぬける。
それに比例するように体温が奪われとにかく寒い。
f0073587_14492321.jpg

辿った登山道とは反対側には昨年登った
宇賀渓からの登山道が続いていた。
f0073587_14532854.jpg

更にその向こうには藤原岳か?
昨年はガスで周囲が見えなかったため
見るものが新鮮に映る。
f0073587_1458573.jpg

こんな強風でマストを立てられるだろうか、
アンテナは張れるだろうかと不安は募るばかり。
とにかくやってみようと、マストを立て準備開始。
f0073587_14591248.jpg

しかし、台風並みの風に煽られここから先に進めず。
更に寒さを感じ始めたため急遽ツェルトを被って待機する。
f0073587_15252868.jpg

恐らく高気圧と低気圧がぶつかり
風を起こしている程度と思いツェルトを被って
風が小康状態になるのを待つことにした。

しかし、風は一向に収まる気配はない。
このままだと先週の蛇谷ケ峰のように
規定4局の交信も危ぶまれたのでハンディ機の
アンテナをツェルトの空気孔から突き出してCQ発信。

【本日の交信結果】
DJ-S57/5W + ホイップANT(RH770)
竜ヶ岳 標高1099m SOTA#JA/ME-014
三重県いなべ市 JCC2115
09:28 JR2NXN 59/55 名古屋市南区 145.020MHz/FM
09:39 JF2BER 59/59 愛知県知多市  145.060MHZ/FM
09:43 JR2RSH 59/59 三重県鈴鹿市  
09:48 JP2JRZ 59/55 愛知県一宮市
09:53 JH2GSW 59/59 愛知県刈谷市
09:56 JQ2MZL 58/42 大阪府狭山市
12:14 JF3GXQ/3 59/59 小塩山JA/KT-035 432.980MHZ/FM
各局、FB QSO有難うございました。
片手にハンディ機、もう片手にはボールペンを握ってのQSOで
皆さんにはご不便をお掛けしましたことをお詫びいたします。
片手に無線機ですので信号もふらつき、膝にメモ用紙を
置いてログを書き、時折吹き付ける風で飛ばされないよう
ツェルトを握り締めるそんな格好での交信状態だった。
その為にHFでの交信は叶わなかった。

風は止むどころか更に強まった感がある。
撤収といってもツェルトだけだがこれを畳むだけでも
時間がっかり難儀した。
それでも人気の山、多くの登山者が続々と登って来きた。
f0073587_15534141.jpg

下山準備を完了。
風は変わらず強いものの展望がやや開けだした。
本当であれば、目の前に広がる伊勢湾を俯瞰できたはずだったのだが。
f0073587_15595084.jpg

12:00前に下山開始。
辿ってきた登山道を再び歩く。
f0073587_1632498.jpg

そして急坂を時間をかけて慎重に下りていく。
登りより下りの方が加速がつきやすく
加速を殺して歩かないと怪我の元だ。
f0073587_168856.jpg

土が砂礫に変わったところで竜ヶ岳をかえりみた。
f0073587_16103144.jpg

下りてくると気温は上昇、風も弱まってひとまず安心。
登山口には12:56に到着。
下山は約1時間の行程だった。
f0073587_16125598.jpg

駐車場は満車状態になっていた。
今回は時短コースとして石榑峠から登ったが
天候さえよければ無線を楽しむ時間を確保できたと思う。

だが、毎度のことながら山に登れば何故か嵐にを呼び込んでしまう。
正しく嵐を呼ぶのでなく呼び込む男なのだ。

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2017-04-29 16:22 | 鈴鹿・竜ヶ岳 | Comments(2)
Commented by あぶ at 2017-04-30 12:27 x
こんにちは。
気持ち良い稜線のルートですね。ずっと続く踏み跡は歩きたくなってしまいます。風が強かったんですね。何もない山頂ですから吹き抜けもいいのでしょうね。無線もできたし結果オーライですね。
ところで、DVDですが、ブルーレイの方が良いでしょうか?それとも普通のDVD-RWでOKですか?
Commented by mido811 at 2017-05-01 22:47
あぶさん、
いつもコメントいただき有難うございます。
そうですね。これだけ広い山頂も関西では珍しいですね。
同じような所で言うと大和葛城山かな。
山頂は高い木々が少ない代わりに笹が覆っています。
常日頃から風が吹くため木々が育たないんでしょうね。
快晴で風がなければHF運用は文句なしなんですが上手くいかないですね。
また、DVDの件ですがPCではなく一般家電のDVDで
再生を予定しています。DVD-RWで大丈夫かと思います。
よろしくお願いします。


<< ポンポン山でNA⇔JA S2S... 14M・50Mのアンテナ調整 >>