ユニバーサルクリップベースMCRⅡ
f0073587_2219844.jpg


2017年3月12日(日)
昨日、剣尾山でのこと。
下山前に144MHZ/SSBでCQを出そうと思い
いつも携帯しているユニバーサルクリップベースを取り出し
木の枝に挟んでホイップアンテナRH770を装着し
BNC型なのでまわしてロックしたところ根元から回った。

何か違和感を感じたが、そのまま無線機の電源を入れ
144MHZにセット。CQを出すと変調とともに表示されるのだが
何も表示されずに何も受信できない。

おかしいと思いアンテナを外し点検しようとしたところ
クリップベースについているBNCがアンテナと同時に回り
そのまままわし続けたところネジ式のBNC端子が外れ
中に挿入されている同軸が断線しているのが見えた。
f0073587_22294971.jpg

これって、本来まわって外れてはいけないはずだが回った時点で断線したようだ。
これを元のようにコネクタにハンダ付けするにはどうすれば・・・・
考えたがそもそもどうやってハンダ付けしたのかすらわかtらん。

いつもRH770を使用時に必ず使い重宝していた。
自分で修理するのも面倒なのでアマゾンでポチっとしたけど
やはりどうやってハンダ付けしたのか悩ましい。
[PR]
by mido811 | 2017-03-13 22:36 | アマチュア無線 | Comments(2)
Commented by あぶ at 2017-03-16 17:51 x
こんにちは。
クリップ側の方にネジがありませんか?トランクリッドなどは蓋がついていて開けられます。どうでしょう?
Commented by mido811 at 2017-03-18 00:25
あぶさん
アドバイス有難うございます。
クリップにとめるネジはありますが蓋のよなものは
みあたりませんね~。どうやってハンダ付けしたのか
謎は深まります。


<< 登って15分お手軽移動 生石ケ... 寒風と霰舞う剣尾山 JA/OS... >>