リベンジ果たし武奈ケ岳でSOTA移動 JA/SI-004 -2
f0073587_23391463.jpg


2017年2月4日(土)

レポ後編。
御殿山での休憩を終えいよいよ武奈ケ岳へ向かう。
と、その前に深い積雪をみてアイゼンからワカンに履き替えた。
f0073587_0295945.jpg

さて、準備が整ったところで一気に下降、いや~帰りが大変だ。
f0073587_0311347.jpg

下りて来た御殿山を振り返ると・・・青空に太陽が眩しい。
f0073587_034628.jpg

イン谷登山口からの登山道と合流するワサビ谷の標識がある?はずだが
雪に埋もれて見当たらない。
f0073587_036379.jpg

登り返しに入る。見た目以上の斜度をワカンで雪をつかみ登る。
f0073587_0392429.jpg

御殿山から登山者が次々と下りて来る。先を急がねば・・
f0073587_0462954.jpg

登りきると、その先には雪に覆われし西南稜だ。
f0073587_0491018.jpg

高気圧に覆われて風が弱まり気温上昇、気分も上昇。
更にその先の斜面を登る登山者も捕らえた。
f0073587_0525023.jpg

ワカンゆえにたっぷり積もった雪の上を歩く。これが楽しい。
f0073587_0583832.jpg

拡がる景色に魅了されなかなか前に進めない。
f0073587_112745.jpg

アイスクリームが融けたような雪庇。自然が造る作品を堪能。
f0073587_15832.jpg

きめ細やかな肌を想像させるこれぞ雪化粧。
f0073587_1124855.jpg

雪の砂漠をワカンのおかげで沈むことなく進む。
ワカンに履き替えて正解。
f0073587_119917.jpg

いよいよ最後の登りになった。
f0073587_1202342.jpg

急斜面を登りきりついに山頂を捉えた。
f0073587_1223228.jpg

更に進むと右方向から登って来る登山者あり。
イン谷から八雲ケ原を経由してきた健脚の登山者だ。思わずレスペクト!
f0073587_1285671.jpg

山頂まであと少し。風もなく天候に恵まれもう最高!
f0073587_21593034.jpg

12:30山頂に到着。昨年のリベンジ果たしたぞ~
f0073587_23384445.jpg

琵琶湖対岸には右に霊仙山、左に伊吹山が堂々たる山容だ。
f0073587_21574624.jpg

時間がないので手早く三脚を立てアンテナを装着。
そして、無線機の火を入れ空いている周波数を探す。
今日の144MHZはコンテストが開催されているらしく賑やかだ。
f0073587_2264773.jpg

本日のシャック。
偶数の周波数だとFMで違法トラッカーが電波を出しているので
奇数の周波数では被せられないので今日は144.135MHZにセット。
規定の4局交信目指してCQを連呼開始。
f0073587_22103068.jpg

【本日の交信結果】
YAESU FT-817ND/5W + ホイップアンテナ/RH770  144.135MHZ/SSB
武奈ケ岳 標高1,214m SOTA JA/SI-004
滋賀県大津市 JCC2301
12:47 JA3GDU 59/55 奈良県生駒市  
12:51 JE3JKS 59/59 滋賀県大津市
12:55 JA3PIW 59/59 京都市西京区
12:58 JN2JBN/2 59/59 三重県伊賀市
13:00 JE2XMP/2 59/59 愛知県額田郡茶臼山291m
13:05 JP3PRS/3 59/59 大阪府泉北郡忠岡町
13:07 JA3RHL 59/55 兵庫県淡路市
13:14 JP3NOJ 59/59 奈良県橿原市
各局、FB QSO有難うございました。
先にも述べたように当日は奈良県2mマラソンコンテストが行われ
珍しく大勢の局を確認することができた。その中でCQを出しても
空振りが続いたが見つけていただき感謝です。

ちょうど交信の最中に「それ、アマチュア無線やろ、そうやろ」と
大きな声で呼びかけてもらったが生憎交信中で素っ気無い対応になり
そのおっちゃんにこの場を借りてお詫びする。
このオッチャンをはじめ交信中にたくさんの登山者が山頂を埋め賑わった。
f0073587_22291077.jpg

無線交信もノルマ達成。下山前に温かいうどんで腹を満たした。
下山する前に山頂の様子をバカチョンカメラで動画収録してみた。


名残はつきないが14:00に下山開始。
今日は天候に恵まれ幸せな気分で帰れる。
f0073587_22505380.jpg

西南稜を過ぎたあたりで再び武奈ケ岳を振り返る。
青空バックの山容しっかり頭に焼き付けておこう。
f0073587_22571675.jpg

御殿山まで戻り小休止。その後は一機に下山する。
陽射しが強く雪が緩み始めたがワカン装着で問題なく進めた。
ところが、登り始めの急登に入ると雪が融けてシャーベット状のため
ワカンの刃は効かず滑りだしたのでアイゼンに履き替えた。
そして16:00に登山口に到着。
f0073587_23153289.jpg

これまでの経験から晴れた山頂はあまり記憶がない。
まして微風でパノラマ展望ができるとは思っても見なかった。
それにアンテナを立てて無線交信までできた。
f0073587_23194132.jpg

昨年はイン谷から入ったものの雪が深く進めず敗退と
苦い思い出ができたが、今回そのリベンジが果たせ気分爽快!

他県の方からすると標高1,214mは低山なのかもしれない。
しかし、低山でもハイキングではなく登山気分を味わうことができる山。
特に雪山シーズンでは雪深いこともあり山屋と呼ばれる人たちが集う。
その山を制覇することは山屋の一員になった気分をも味わえる。
だから足が向くのかもしれない。

おしまい。
[PR]
by mido811 | 2017-02-08 00:24 | 比良・武奈ケ岳 | Comments(2)
Commented by あぶ at 2017-02-08 15:10 x
こんにちは。
素晴らしい景色、雪山は素晴らしいですよね。自分で山頂まで行けばその素晴らしさが実感できて病みつきになりますね。お天気に恵まれないとひどい目に合います。それも雪山。ナイスアクティベーションでした(^^♪
Commented by mido811 at 2017-02-09 06:26
あぶさん
そうなんですよ。天候に恵まれないと素人登山者は
雪山になんて行けません。ましてや快晴でないと景色も楽しめませんからね。
それにしても強風の雪山へ行くヤギおじさんは凄いよね。


<< ツツジオ谷から雪の金剛山へ J... リベンジ果たし武奈ケ岳でSOT... >>