「ほっ」と。キャンペーン
2017関西ハムシンポジウム
f0073587_0324937.jpg

2017年1月29日(日)
昨年に続き尼崎リサーチ・インキュベーションセンター(Aric)で開催された
「2017関西ハムシンポジウム」に行った。
f0073587_041688.jpg

昨年は、「モールス通信入門」というセミナーへの参加が目的だったが
今年は、「初心者にもわかるJT65通信入門」というセミナーへの参加が目的。
以前から気にはなっていたが、せめてJT65が使えるように免許の変更申請を
しようかと思っていた矢先だったのでグッドタイミングだった。

会場に入ると無線機の2大メーカーであるICOMとYAESUの展示コーナーがあった。
以前からV/Uの固定機が欲しくて物色しているがこれというのがない。
その中でも候補は、YAESU FT991AかICOMのIC-7100というところだろうか。

YAESUのブースではそのFT991Aとは別にイチ押しなのがM-1というマイクだ。
音に凝るという傾向、特にHF局のトレンドをよく掴んでいるなと思える一品だ。
定価74,800円は高いか安いか・・・機材を揃える事を考えれば安いと思うが
できれば、マイクは自由に選択できるような仕様にして欲しかった。
f0073587_0524949.jpg

対面にはICOMのて展示ブース。
こちらにはIC7851と今や人気のIC-7300、オールバンド機のIC-9100
それにD-STARが所狭しと並んでいた。今やフェードアウト気味のKENWOODから
移行するにあたり結局YAESUかICOMかどちらの復調音が好きかを聞き比べるのが
今の優先事項なのだ。キンキンのYAESU、それともこもり気味のICOMか?
f0073587_121946.jpg

セミナーは13:30から2階の第三会議室で開催される。
それまでは新春パーティーが開かれお酒も入って大賑わいだ。
終了すると大人達は一斉に会場から出て行くのだが
呑みかけのビールや空き缶を参加していた高校生達が片付けている姿を見て
若い人たちを呼び込んで育成するというビジョンは微塵も感じられなかった。
f0073587_1282462.jpg

愚痴はこのへんにして本題のセミナーだがCQ誌の特集もあってか
隣のCW通信入門に比べると破格の人数が集まった。
講師はJA3IVU 北井OMだ。OM自信も参加者は多くても40名程度と
踏んでいたらしく資料も40部しかコピーしてこなかったそうだ。
しかし、見る限りその倍の80名程度はいたと思う。
それだけ関心が高いということだろう。
f0073587_1195678.jpg

そもそもJT65とは、アマチュア無線で最近使われだしたデジタル変調方式のこと。
これを使うとアナログでは確認できない電波も復調してテキスト表示するのだ。
ということは、大きなアンテナは不要、パワーも不要、必要なのはPCと無線機のみだ。
f0073587_1302246.jpg

CWができないとかアンテナが立てられないとか夜中に静かに運用したいとか
という方にはオススメなのだ。しかし、交信に5分程度かかるのは短所かも。
それでもCWできない、英語しゃべれないけど海外と交信したいという人にとっては
有難いツール、だからいま急激に人気が上昇していると思う。
f0073587_1303034.jpg

詳しくは、こちらを検索すべし。
f0073587_1312242.jpg

今回セミナーに参加しJT65について理解が進んだ。
先ずは免許の変更申請からはじめようと思う。

それからセミナー終了後、階段を下りていたら
後から下りてくる女性がいた。なんと業界のアイドル"Masaco”さんだった。
声を掛けると気さくに手を差し出し握手を求められた。
最近、若いお嬢さんと握手することがなかったので一瞬戸惑った。(笑)
でもいい娘です。歌は下手やけど・・・。
[PR]
by mido811 | 2017-02-01 01:33 | アマチュア無線 | Comments(2)
Commented by あ! at 2017-02-01 14:59 x
前振りのJT65編は、最後の一言ですっ飛びました。Masacoさんと握手ですか? 許せません(^^♪
Commented by mido811 at 2017-02-01 23:33
ハハハハ~ 見破られましたか!
あぶさん、久しぶりのドキドキ感でしたよ。


<< リベンジ果たし武奈ケ岳でSOT... 青空眩い樹氷の綿向山でSOTA... >>