「ほっ」と。キャンペーン
青空眩い樹氷の綿向山でSOTA移動 JA/SI-009 -2
f0073587_21251408.jpg
2017年1月28日(土)

パート1からの続き。

いよいよ冬道に入る。
いきなりの急登だがアイゼンのカリッという音が心地よい。

f0073587_23511759.jpg

見た目以上の傾斜だが登りきると
その先には青空と樹氷がお待ちかねだ。

f0073587_00570949.jpg
いよいよブナ林に入る。
これから樹氷祭りのはじまりだ。
f0073587_00574775.jpg

空を見上げると青空がまぶしい。
快晴の下で樹氷を見ることができた幸運に感謝。

f0073587_00013768.jpg
ここでアクシデント発生。
カメラにメモリ不足の表示。
どうやら間違えて容量の少ないカードを入れてきたようだ。
既存の写真をデータ消去してロスタイム。

f0073587_00080007.jpg
一歩進むたびに変わる景色に感動。
なかなか前に進めない。

f0073587_00583142.jpg
時折吹く風で樹氷が音を立てて落ちていく。
f0073587_00584662.jpg

誰もが思わず立ち止まりこの風景に癒される。

f0073587_00544239.jpg

自然が造る美術館。
人の手が入っていないがゆえに美しい。

f0073587_00594452.jpg
この感動を伝えたい。
思わずスマホで撮った写真をFACEBOOKで発信。
f0073587_01025071.jpg
f0073587_00564189.jpg
いよいよ樹氷も終わり稜線に出るようだ。
北部方向には霊仙山に伊吹山を望む。
f0073587_01062537.jpg
竜王山との分岐を過ぎると山頂はもう直ぐ。
f0073587_01163154.jpg
12:00に山頂到着。
f0073587_01184267.jpg
山頂は多くの登山者で賑わっていた。
さて、どこに自分のスペースを確保するかな~
f0073587_01225749.jpg
雨乞岳と鎌ケ岳を前にして風を避けることもあり祠の裏に陣取った。
そこへ聞き慣れた声がした。
その人が「綿向き山を愛する会」のラリー・ベルさんだと直ぐ分かった。
f0073587_02225035.jpg
こちらから挨拶すると、正面の雨乞岳の向こうに
薄っすら右に御嶽山と左に乗鞍岳が見えていると教えてくれた。
f0073587_01293839.jpg
更に鎌ケ岳と雨乞岳の間には南アルプスの塩見岳が見えていると教えてくれた。
f0073587_01302864.jpg
山座同定できるラリーさんも凄いけど
北と南アルプスを見ることができ興奮が高まる。
時間もないので無線の準備に掛かった。

三脚にホイップアンテナを立て無線機の電源を入れた。
今日は土曜日なのでトラッカーの違法無線で占拠されているので
FMではなくSSBで144MHZを使い交信する。
f0073587_01385029.jpg
本日のシャック(無線室)。
f0073587_01393807.jpg
【本日の交信結果】
FT-817ND/5W + ホイップアンテナ/RH770 144.190MHZ/SSB
綿向山 標高1110m SOTA JA/SI-009
滋賀県蒲生郡日野町 JCC23004C
12:39 JE2XMP/2 59/59 愛知県西尾市
12:44 JF3DIN/3 59/59 兵庫県宝塚市
12:51 JA3AMI 59/59 滋賀県大津市
13:02 JH2KGZ 59/59 岐阜県各務原市
13:11 JR2WBG 59/59 愛知県安城市
13:17 JM1KGA 59/59 東京都御蔵島村
各局、FB QSOいただき有難うございました。
FMであればメインchで呼びかけられるがSSBだと
見つけてもらうしかない。始めはCQを何度となく
連呼しようやくJE2XMP局に拾っていただいた。(感謝)

そこから連続してにコールをいただき規定の4局交信をクリア。
最後に呼んでいただいたのが330KM離れた御蔵島から。
やはり海上を伝播しているのかQSB(電波の強弱あり)を伴いながらも
しっかり内容は確認できた。本来は指向性アンテナを使って遠くへ
電波を飛ばすところだが無指向性アンテナを使うことで思わぬところから
呼ばれるのが癖になりそうだ。

この後、簡単に菓子パンで腹を満たし撤収作業をする。
この風景をまだまだ堪能したいところだが下山しなければ。
13:40に下山開始。雪山の下山はまた楽しい。
f0073587_02021289.jpg
一機に下っていく。
アイゼンがブレーキとなってガツガツ雪をかいていく。
f0073587_02040891.jpg
そして、あっという間に7合目に到着。
f0073587_02051843.jpg
更に下って5合目小屋に到着。
流石に菓子パンだけでは持たずガルボで腹を満たす。
f0073587_02064704.jpg
5合目からは休憩することなく登山口まで一機に下りた。
f0073587_02082703.jpg
駐車場に戻るとアイゼンを外し
駐車した場所へ向かった。
f0073587_02103810.jpg
車に戻るとフロントガラスに「警告」と書いた
黄色い紙が貼り付けられていた。一瞬凍りついたが
日野の皆さんの温情に救われ感謝。助かった~
f0073587_02174784.jpg
しかし、悔しいがデコめがねよろしく帽子に挟んでいた
サングラスが無くなっていた。どうやらどこかで落としてきたようだ。
これはこれで痛い出費になりそうだ。

夕日に照らされる雪を見ながら帰りは素直に
R477を走り蒲生ICから無事に帰路に着いた。






[PR]
by mido811 | 2017-01-31 02:39 | 鈴鹿・綿向山 | Comments(8)
Commented by あぶ at 2017-01-31 09:47 x
素晴らしい景色ですね。雪山はこたつの中でみかんを食べながら皆さんの写真などをみるのが一番です(^^♪登るときも色々大変な思いもしたと思いますが、後でまとめると楽しい思い出になりますね。記憶のシェアをありがとうございました(^^♪
Commented by JH2KGZ at 2017-01-31 21:12 x
素晴らしい景色ですね。心が洗われるようです。ホイップアンテナとは思えない強力なシグナルでした。
次回の交信を楽しみにしています。
Commented by mido811 at 2017-02-01 00:12
あぶさん、こんばんは。
お風邪の方はいかがですか?
FBでの海外局からのコメント凄かったですね。
おかげで”Get well soon ”は覚えました(笑)

雪山ハイクの模様を眺めて静養していただければ幸いです。
Commented by mido811 at 2017-02-01 00:19
JH2KGZ局、こんばんは。
先日は、2Band QSOいただき有難うございました。
蛇谷ケ峰のときも雪山でしたね。

樹氷を実際にご覧になると本当に綺麗ですよ。
また、山頂も遮るものがなく標高差のおかげで
飛びもいいようです。これだから山岳QRPは止められません。
次回もお相手よろしくお願いします。73!
Commented by ごとう@みくらしま at 2017-02-02 07:36 x
先日は交信ありがとうございます。
こちらでは普段何も聞こえないバンドですが、たまにダイヤルを回していたら聞こえていたのでお声がけさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
とりいそぎ、ご挨拶ならびにお礼まで
Commented by mido811 at 2017-02-02 17:23
JM1KGA局、コメント有難うございます。
昨年は430MHZ/FMでポンポン山でQSOいただき2バンド目になりました。
当日は、まさか御蔵島村からコールいただけるとは思っても見ませんでした。
おかげで感動と感激をいっぺんに味わうことができました。

関西は日曜以外は違法トラッカーが周波数を占拠し
交信どころではありません。
その為、両バンドともSSBでかいくぐるしかないのが現状です。
その上、QRVしている局数が少ないのが悩みの種です。

SOTAの山岳移動ばかりしていますので
次回も聞こえていましたらお声がけ宜しくお願いします。73!!
Commented by ごとう@みくらしま at 2017-02-07 11:53 x
>関西は日曜以外は違法トラッカーが周波数を占拠し
交信どころではありません。

そうですか、私が内地(東京都品川区)に住んでいたころといっても10年近く前ですが、その頃は確かにそんな感じでしたが、その後母島(東京都小笠原村)に行ってからは144MHzも430MHzも内地の人の声は時々衛星経由だけでした。(これは仕方ないですね)
数年前にこちらに来て内地の電波が入るようになったものの違法トラッカーの声を聞いたことがないので、改善されたものとばかり思っておりましたが違っていたようですね。
Commented by mido811 at 2017-02-07 14:36
JM1KGA局、こんにちは。
内地を離れて随分経つんですね。
うかがっている限り無線環境は抜群のようですね。

こちらは無線人口の低下により違法無線が拡大しています。
特に平日のFMモードは無法地帯と化しています。
ライセンスがあっても彼らの隙間を縫うようにSSBで
交信せざるを得ないのが現状です。(悲)



<< 2017関西ハムシンポジウム 青空眩い樹氷の綿向山でSOTA... >>