長い一日
父親の手術の付き添いで早朝より病院へ向かった。
手術室前は、手術を待つ患者で渋滞している。さしずめ羽田空港で離陸の順番を待つ
飛行機のようだ。数えるだけで5-6人はいるようだ。
側にある控え室では、その家族でごった返している。手術が終わると部屋に備え付けの
インターポーンで呼ばれることになっている。

午後になるとインターポーンから家族名がしきりに呼ばれるようになった。
ちょっと待てよ?この光景どっかで見たことあるな~。そうだ!頭に浮かんだ光景は
”オートバックス”の修理待ちの控室と一緒だ。「○○さん、オイル交換が終了しました。お車へ」
テレビが無いけどまさしくこれだ。同じように考えるのは不謹慎だけど病院もオートバックスもシステムは同じ。
父親も部品交換作業中なのだ。

家族の姿が次々減り、とうとう2家族となった。こうなると、大丈夫だと言えども不安がよぎる。
手術室へ入って7時間が過ぎた頃、ようやく、お呼びが掛かりICUで睡眠中の本人と対面。
担当医から無事成功ですと言われ、長い一日は終了した。

写真は、摂津峡の若き”アジサイ”
f0073587_22382014.jpg

[PR]
by mido811 | 2006-06-21 22:42 | ひとりごと | Comments(4)
Commented by とらちゃん at 2006-06-23 16:04 x
お疲れ様でした。
やはり待ってる間に段々と減っていくと不安になってきますね。一応経験があるので気持わかります。無事終わってよかったですね。
Commented by mido811 at 2006-06-23 23:14
とらちゃん、いらっしゃいませ!
ご心配いただき有り難うございます。
また、遊んでやってください。ところで何MHZででてるの?
Commented by とらちゃん at 2006-06-24 12:41 x
確かこのメガヘルツがBestと言う所があったんだけど。
忘れちゃった。また現在の状況調査で.しなおし.しなきゃならんよ。では
Commented by mido811 at 2006-06-25 12:59
む~??


<< 参観日 informed consent >>