お手上げの50MHZ用ヘンテナ
f0073587_20114023.jpg


2016年4月24日(日)

山に行けませんね。
気付けば来週からGWですよ。
ますます行けません。

その代わり家の中でアンテナをしこしこと製作しております。
この週末ようやく50MHZ用ヘンテナを検証することになりました。
苦節2W・・・・オレの山時間を返してくれ~

では、早速組み上げから検証します。
一様、組み上げ成功3m*1mのループができました。
山岳移動用として5mmパイプ40cmを中心に4mmパイプ30cmを
両側から差し込んで軽量にしています。4mmパイプには3mmネジを
かしめて1mmステンレスワイヤーを蝶ネジで止められるようになっています。
給電にはFCZバランを利用しています。
f0073587_20335686.jpg

では、給電ポイントを下部から70cmに設定してアンテナアナライザを繋ぎます。
周波数を50.4辺りにしてSWRを確認。
緊張の一瞬ですが、何と2.2、気を取り直して給電店を下げてみます。
するとSWR2.1・・・その後も給電点を何度も変えてみるが結果良くなることはありませんでした。
f0073587_2025410.jpg

50MHZのヘンテナって周波数からもラフに作っても整合すると思ってましたが
う~ん、バランかな? 水平の寸法違いかな? 
ちなみにバランはFCZ製ですが使用前に50オームのダミーを繋いでSWRは1.2でした。
となると寸法違いか?

50MHZは違法局が少ないことと季節柄楽しみなバンドなので
QRVできることを楽しみにしていただけにショックはデカイです。
暫くネットと睨めっこして原因を探りたいと思います。
[PR]
by mido811 | 2016-04-24 20:36 | アマチュア無線 | Comments(7)
Commented by あぶ at 2016-04-25 14:40 x
こんにちは。
MMANAについてくるヘンテナは給SWR=1.56になってます。MMANNAの寸法はmidoさんが作られたのと同じ寸法です。実際には0.96倍したほうがよさそうです。横0.96m、縦2.88m、給電点0.58cm。余り自信ありませんが…。
Commented by mido811 at 2016-04-26 00:07
あぶさん、こんばんは。
助言いただき有難うございます。
ネットで調べた限り似たような記事がありました。
大いに活用させていただきます。
加えて、給電線も弛んでいるとSWRが悪化するようです。

またヘンテナとは別に「あぶさん仕様」のマジックテープ付き
ペグを作ってみましたが、こちらは実用になりそうです。
Commented by ji1ihv at 2016-05-06 07:28 x
はじめまして
SOTAやってます。
50MHzヘンテナ、飛びは未確認ですが、給電点は下から70cmだとSWRが跳ね上がりました。
下から1メートルの方に10cm位は上げたかな。
50MHzは、無線機のSWRメーターが全く動かない所までマッチングしました。
51から上はまだSWRメーターが振れるので、49とか48にマッチングしてるんだと思います。
横1m,縦3mはいじってません(いじりましたがダメで、給電点いじったらマッチングしました)

50MHzヘンテナ、二つ目です。
以前はアルミワイヤーで作りました。
はだか線なので、給電点が自由なので調整しやすい。
今回は、インターフォンのワイヤーで、下から70cmの皮を剥きました。
マッチングしないので、ビニールの皮膜をたくさん剥くことになり大変だった。
細いので小さく軽いので気に入ってます。
Commented by ji1ihv at 2016-05-06 07:37 x
マッチングは取れているんですね。

わたしは、同軸ケーブルとワイヤーは、ワニぐちクリップでつないでます。
バラン無し。
Commented by mido811 at 2016-05-06 12:13
>JI1IHV局、こんにちは。
はじめまして、こちらこそ同じSOTAメンバーさんにコメントいただき嬉しいです。
早速ヘンテナに関しアドバイスをいただき有難うございます。
何点か教えていただきたいのですが、3m×1mは変更なしということですが
全てワイヤーで製作されたのでしょうか?それとも上下にはアルミパイプを使われたのでしょうか?
また、バランなしについては直ぐ検証できそうです。
今回の検証では50mhzではマッチングしているようですがSWRは下がらず
給電線を張り気味にしてようやく1.6でした。
他力本願ですがよろしくです。
73! JF3KLH



Commented by ji1ihv at 2016-05-25 22:39 x
ごめんなさい。
05/25になってしまいました。
2つ作りました、2つとも すべてワイヤーです。
1つは、2mmアルミの針金で、1m ×3m ワニぐちクリップ線で給電しました。
2つ目は、インターフォンのワイヤー(ビニール線)こちらも1m × 3m 下から1メートルから70cmくらいのビニールをカッターで剥いて、ワニぐちクリップ線で給電。
下から90cmとか 以外と上でSWRが下がりました。

あ、そういえば、
まわりにワイヤーや金属があったりすると頑張っても下がらなかったことはありました。
Commented by mido811 at 2016-05-25 23:55
>JI1IHV局、ご連絡有難うございます。
やはりって感じです。と言うのも詳しくはわかりませんが
最近のアルミパイプはワックス上のもの?が塗ってあるそうで
それが導電性を下げていると聞いたことがあります。

やはりアルミ線ないしケーブルで製作していると聞いて
自分なりに納得しました。後は、組み立てや携帯性をどうするかですね。
有難うございました。73


<< いつもの場所でアンテナ調整 けいはんな通信殿へ伺いました。 >>