ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 2016年福寿草だより 
f0073587_21143716.jpg


2016年2月21日(日)

前日の雨もあって山へ行く予定はなかったんですが
ネットでポンポン山の福寿草開花を知ったからには行かねばならぬ。(義務ではないが)
ということで、急遽身支度して久しぶりにポンポン山へ入りました。
やはり福寿草のことを知ってか本山寺駐車場はそこそこ満車でした。
f0073587_20311474.jpg

早々ご年輩のグループが下りてこられました。
福寿草を見に行ったのかな?
f0073587_20324664.jpg

山頂に近づくと女子高生のグループに接近。
あまり近付き過ぎるとストーカーに間違えられるので・・・でもジジイは問題ないか。
f0073587_20342020.jpg

山頂はパスして出灰方面へ向かい西尾根コースに入ります。
f0073587_20361335.jpg

途中2回急坂を下ってリョウブの丘で休憩。いつもの大福をいただきますが
今日は晴れ間がでたかと思えばいきなり曇って強風と粉雪が舞う春と冬が
拮抗しあうような天候です。
f0073587_20392435.jpg

最後の急坂を下ると福寿草入口の標識。
標識に沿って進むと自生地に到着。森林公園の人へ入園届けを出していざご対面です。
f0073587_20425443.jpg

森林公園の方に伺うと今年の開花は2月14日だったそうです。
既に第1花は終ったそうで第2花が咲けばもっと沢山見ることができるようです。
生憎、今日の天候では開花しているものは少なかったようで少々残念。
今年は暖冬なんでしょうか2週間ほど早咲きでした。
f0073587_2048477.jpg
f0073587_20482277.jpg
f0073587_20492284.jpg
f0073587_2050164.jpg

皆さん良く御存知で次々にギャラリーが来られました。
福寿草は太陽があたる事で開花しますので快晴の12-14時あたりが見頃です。
観察していると男性から声を掛けられ福寿草について尋ねられた。
f0073587_20523596.jpg

私はこの辺で退散です。
そのままポンポン山山頂へ向かいます。行きでは気付かなかったのですが
木の幹が下の方だけえぐられています。これは誰の仕業でしょうか?
鹿ではないし・・・イノシシはあるな・・・でも蜂の巣みたいなものが落ちてたけどな。
f0073587_20575932.jpg

ポンポン山山頂に到着。
先程、声を掛けてこられた男性と再会。
単身赴任で名古屋へ赴任中に登山の楽しさを知ったそうで鈴鹿や日本アルプスへ
よく行かれたそうだ。たまたま無線機を持っていたのでアマチュア無線のことや
SOTAのことも説明した。その後、432.980MHZにて高槻で移動運用中の
JP3KML/3局へCALLして下山となった。
f0073587_2165681.jpg

途中の休憩ポイントでこの季節限定だが海面が金色に光る大阪湾を眺めることができた。
f0073587_21104822.jpg

福寿草が咲くと春はもうそこまでやってきています。
寒さを凌ぐのもあと僅か春になると花が咲いて登山も一層楽しくなります。
[PR]
by mido811 | 2016-02-21 21:17 | ポンポン山 | Comments(4)
Commented by あぶ at 2016-02-22 08:51 x
おはようございます。
フクジュソウですか。もう咲いたんですね。埼玉はまだ声を聞きません。我が家にもフクジュソウがあったんですが,最近見ていません。もうだめになっちゃったのかなぁ?透明感のある花弁が綺麗ですよね。春間近って感じがしてますね♪
Commented by mido811 at 2016-02-22 23:42
>あぶさん、こんばんはです。
お宅に福寿草があったんですか。それって自生ですか。
ホームベースにしているポンポン山は都心近くにありながら福寿草やカタクリが咲きます。
春を告げる花を見るだけでも気持ちが高揚してきますよね。
それに山に登る楽しみも増えますしね。


Commented by あぶ at 2016-02-24 09:31 x
おはようございます。
フクジュソウは20年ほど昔に近所のかたから頂いたんです。10年位すると大きな花が咲くよと言われて埋めておきましたが,何年も春に可愛い花を咲かせてくれました♪ポンポン山も素敵な里山ですね♪
Commented by mido811 at 2016-02-24 23:24
>あぶさん、そうでしたか。
でも10年は必要なんですよね。自生する植物の強さを感じます。
ポンポン山は私にとっては自慢の里山です。
それに無線するには格好の場所です。


<< 王道、六甲山でSOTA移動。J... CQ誌3月号「SOTAを楽しも... >>