CQ誌3月号「SOTAを楽しもう」に連動「SOTA入門」
f0073587_911935.jpg


2016年2月20日(土)

昨日発売のCQ誌3月号の特集にSOTA(Summit On The Air)が
6ページにわたり取り上げられております。

掲載についてはSOTAのMLで既にアナウンスされていましたが
これだけ多くのページで取り上げられるとは思ってもいませんでした。
今までは新参者扱いでしたが、これでようやく日の目をみて
オフィシャルになったなぁとSOTAメンバーの端くれとして感じています。

今回、コメントをいただく同じくSOTAメンバーのJP1QEC(HM:あぶさん)局の
記事(「山頂からQRPでDX」)も掲載されていますので是非ご覧ください。
そこで、この記事に連動すべくJP1QEC及び”あぶ工房”制作のSOTA動画を
アップさせていただきます。

この動画がよくできていましてQRP2.5WでDXができている様子や
SOTAをこれから始めようとする方には入門書としてご覧いただけると思います。
私もこの動画でCWをマスターしようという動機付けになりただいまCWと格闘中です。

<山梨県 今倉山 1,480m SOTA JA/YN-047>
DXはできず


<群馬県 烏帽子ケ岳 1,363m SOTA JA/GM-039>
21MHZCWで中国局とQSO


<群馬県沼田市 尼ケ禿山 1,466m SOTA JA/GM-032>
21MHZCWでVK2局、W3局とQSO


<山梨県大月市 扇山 1,138m SOTA JA/YN-059>
DX局によるパイルアップ


<埼玉県 大霧山 767m SOTA JA/ST-014>
アンテナ設営から運用までが分かりますよ。


<栃木県足利市 深高山 506m SOTA JA/TG-072>
CW初心者には参考になります。


<山梨県大月市 倉岳山 990m SOTA JA/YN-061>
最新版です。


SOTAに魅了されたのは、やはりシンプルな設備で思いもよらない所と
交信できるところでしょうか。また登山が100%或いは無線が100%の趣味でない
私にとっては肩肘はらず欲張りですが両方楽しめるところです。
それに成果を簡単にアップできグローバルに展開できるのも魅力ですね。

現在は430MHZ/FMのみですが、いつかはHF/CW運用をと夢見ています。
SOTA JAPANのサイトはLINKにあるSOTAロゴをクリックしてください。

JP1QEC・あぶ工房様に御礼!!
[PR]
by mido811 | 2016-02-20 11:56 | アマチュア無線 | Comments(2)
Commented by あぶ at 2016-02-20 12:34 x
こんにちは。
大々的にありがとうございます(^^♪ちょっとお恥ずかしい内容の動画や記事ですが,アマなのでご勘弁ということでお願いいたします。海外のSOTA動画は目を見張る素晴らしさのものが多いです。無線の交信はあまり個性が出ませんが,動画はものすごく個性と技術力が出てきます。僕もそういった個性や技術力をこれからも学んでいきたいと思います。midoさんにご紹介いただいたことでより一層の責任と勉強に対するモチベーションが生まれてきました。ありがとうございました(^^♪
Commented by mido811 at 2016-02-20 21:24
>あぶさん、こんばんは。
動画については編集といいスキルといい申し分ないと素人目線ですが感じてます。
それにあぶさんの優しさが毎回編集に現れているように思います。
恐らく、これを見ればSOTAへの参加者が増えるんじゃないでしょうか。
下火になったとはいえ未だ山ブームは続いていますし登山の緊急連絡用に
ハンディ機を持つ方も見受けられますので良い気付きになればと願うばかりです。



<< ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山... KCWA 第30回初級CW Q... >>