KCWA 第30回初級CW QSO教室
f0073587_0551628.jpg


2016年2月14日(日)

JARL奈良県支部の「CW実技講習会」、関西ハムシンポの「モールス通信入門」に続き
今回は京都CW愛好会主催の「初級CW QSO教室」に参加いたしました。

開催場所となった六孫王会館は京都駅から八条通りを西へ行った六孫王神社にあります。
先ずはJR京都駅に向かいます。昼食用にと京都といえば志津屋でサンドイッチを買い
八条通りを歩きます。しかし、昨晩からの大雨も今朝にはやんで一安心です。
f0073587_153413.jpg

天気予報の通り気温はぐんぐん上昇しているようです。
歩いてると汗がにじんできます。途中、進学校の洛南高校と東寺北門を過ぎると
六孫王神社に到着です。駐車場にはらしき車が沢山駐車しています。
f0073587_191771.jpg

目ざとく見つけてしまいました。恐らく7MHZの釣竿アンテナ?
f0073587_1103312.jpg

六孫王会館2Fが開場です。京都らしく和室です。
到着は9:20くらいでしたが遅かったようで最後方に座ることに成りました。
はじめにJARL京都支部長、KCWA会長より御挨拶をいただきました。
そして最初のメニュー「ラバースタンプQSOについて」をJA3PUA太田OM中心に
JG2ULB鈴木OMとテキストの模擬交信リストを基に解説いただきました。
f0073587_121194.jpg

続いて、JI3CJP森田OMより「移動・コンテスト・DXについて」をテーマに
実際の運用をトレンドを交えて解説いただきました。
例えば、JCC27010Aは27010/Aと打つとかLA-29の-は打たないとか
DXやコンテストではBK UR 5NN BKが一般的な応答であるとか
QRPで出る場合はゼロインで呼ばず+-0.15~0.3KHZで呼ぶ。
或いはレイトコール(遅れ送信)はやめようという細かいですが
より実践に必要なことを教えていただきました。
f0073587_1321549.jpg

その後は、実際にキーを打ってQSOするのですが、どうも例年の2倍の
参加者になったようで関係者の方々が戸惑っておられました。
そこへ、元プロ通信士のJH3KCG中井OMが縦振り電鍵の調整をされる
というので拝見しました。後程、解説されましたが初心者ほど接点は狭く
バネを弱めにするそうですがこれは熟練者が高速通信をする設定であり
最初は、接点は広くバネは強くすべきだそうです。勉強に成りました。

ここで一旦。昼食と全員で記念撮影です。
この時間に周囲の皆さんとアイボールとなりました。
隣に100%CWというJK3JXP局、後ろには既にCWでQRVされているJE3VRF局です。
ちゃっかりSOTAを宣伝しておきました。

さて、午後からも実技指導となっていましたが
急遽、和文を60歳過ぎから始められ今では韓国語でCW QSOされている
JS3KWG畑OMの話を伺うことになりました。

私は過去2回430MHZでQSOいただいていますが、初回QSOのときに60歳からCWをはじめたこと
韓国の人から和文でQSOのリクエストを貰ったができなくて悔しい思いをしたことを
きっかけに和文をマスターされたことを聞いていました。
別の方からは、CWだけでなく70歳で1アマもゲットされたと聞きました。正しく努力の人です。
f0073587_1502327.jpg

最後は、「プロ通信士による電鍵んお打ち方指導」と題し先程のJH3KCG中井OMが
縦振り電鍵の打ち方について懇切丁寧に教えていただきました。
印象深いのは、綺麗な文字とはNoミスで打つのが綺麗な送信であり
Noミスで打てるスピードが自分の力量である。早く打ってもミスがあれば綺麗な文字とはいえない。
f0073587_27430.jpg

またCWのヒアリングについては覚え方はいろいろあるが
先ずは文字を見てモールス符号が言える、或いはモールス符号から直ぐに文字が言えるように
なることが先決である。一瞬戸惑うとすぐ10文字くらい抜けていくので
瞬間に文字がでて書ける練習を繰り返すと上達が早くなるそうです。
送信については短点の多い文字を打つのがコツだそうです。

最後に受講者からの質問に応えたのが試験電波の出し方。
正式にはVVVだけでなくEX EX EX DE コールサイン、VVV DE コールサインが正解のようです。

質疑応答の時間になり受講者から高速通信のQSOを見てみたいというリクエストで
急遽、JH3KCG中井OMとJG2ULB鈴木OMが縦振り電鍵で披露していただきました。
仕儀の間、受講者全員に緊張が走りました。そして拍手喝采。
f0073587_2132233.jpg

9時30分から始まった「初級CW QSO教室」もあっという間に終了です。
本日のアンケートを提出し閉会となりました。
有難いのは教室開講だけでなくテキストや資料CD、RS232C変換ケーブルを全員に配布いただきました。
f0073587_2195935.jpg

テキストはHPでDLできますがコピー代や手間を考えると無料で配付いただき感謝です。
このような教室に参加することでCWに関する情報や共に励む人達に出会えることが
やはり何よりかも知れないですね。

アンケートにも書きましたが、今日一番勉強になったことはCWが上手くなるのは
図々しい気持ちと下手でもやってみる根性が必要ということでした。
京都CW愛好会の皆さん、本日はどうも有難うございました。

京都CW愛好会 ロールコールミーティング 
毎週火曜日21:00~  144.090MHZ
[PR]
by mido811 | 2016-02-15 02:26 | アマチュア無線 | Comments(2)
Commented by あぶ at 2016-02-15 08:48 x
midoさん,おはようございます。
講習会お疲れ様というか楽しまれたようですね。FBです♪
同好の士が集まるこうしたミーティングではアイボールが特に楽しいでしょうね。
『図々しい気持ちと下手でもやってみる根性』は同感です。
送りが遅くてもお相手が合わせてくださるのでそれにずうずうしく乗っかる!これが上達のコツなんでしょうね。聞き取りは最後まで残る難問と実感しています。文字が浮かび書ける!これがすいすいできればよいですがなかなかそうもいきません。
後はひたすら我慢しながら聞くしかないですかねぇ...。お互い頑張りましょう♪
Commented by mido811 at 2016-02-15 23:55
>あぶさん、こんばんは。
いつも有難うございます。
仰るとおり同好の士が集まるとアイボールが楽しいですね。
いろんな体験談やノウハウ、或いはモチベーションのアップに繋がります。
参加後はいつもBK UR 5NN BKと打つ気満々になるのですが数日経つと怖気づいて。(悲)
でも、プロだとミスは許されないけど所詮アマチュアですからねと元プロ通信士さんに
何か救われた気持ちになりますね。
こうやって頑張れと励ましてくださる方が居て少しでも前を向くことができます。
あぶさん、有難う!


<< CQ誌3月号「SOTAを楽しも... 蛇谷ケ峰で雪山、絶景を堪能。S... >>