2016関西ハムシンポジウムに行ってきました。
f0073587_21575142.jpg


2016年1月31日(日)

アマチュア無線のイベント「関西ハムシンポジウム」へ行ってきました。
ちょうど未発送のQSLカードも溜まっていたのでいいタイミングです。

いつものように阪神電車尼崎センタープール前で下車し
会場となるARIC(尼崎リサーチ・インキュベーションセンター)へ向かいました。
f0073587_2271191.jpg

先ずは多目的ホールでの展示販売コーナーを覗いてみました。
恐らく開場時には多目的ホールでの展示即売目当てで人出も多かったでしょうが
到着したお昼前には人も落ち着いた感じでした。
その中で買うにはいたりませんでしたが430MHZ用
中古DXアンテナ製15エレスタックが気になりました~。
f0073587_22115370.jpg

12:00からは閉場されるため仕方なく一旦外へ出ました。
携帯したハンディ機でモニタするとJM3GVH局がQRV中だったので
コールして暫くQSOとなりました。
GVH局もSOTAチェイサーで1,000ポイントを達成されたそうで
記念のアワードを申請されたことやJN3PDF局が長浜のスキー場からQRVすること
JP1QEC局の話とかいろいろと情報をいただきあっという間に時間が過ぎていきました。

午後からはJARL90周年記念局8J390Y/3のオペレータの申し込みをして
メーカーの展示を拝見することにしました。
しかし、残念なことに無線機メーカー御三家のうち今回KENWOODは展示がありませんでした。
所有者としては、悲しむべき事実でした。(大丈夫かな?)
f0073587_22304238.jpg

YAESUは先行するFT991をはじめHF用のFT5000や3000を展示、やはり貫禄ですね。
続いてICOM。YAESUのFT991に対抗するIC-7300が目玉です。
機能としてはICOMの方が最近のユーザー指向に近い製品が多いように思います。
FT991かIC7300か値段さもあまりなくマーケットはどちらを選択するのでしょうか。
私的にはU/V機が欲しいので単純にFT991かな・・・・。
f0073587_22364387.jpg

そして、ダイアモンドアンテナさんのブースです。
アンテナメーカーで生き残るのは大変なことですが、新製品を投入し続けているから信頼も厚いのかな。
f0073587_22383416.jpg

屋外ではサテライト用のアンテナが展示され、実際に運用されていました。
アマチュア無線と言えどもCQ、CQ~叫ぶだけでなくジャンルは幅広いのです。
f0073587_2315246.jpg

13:30からは2F会議室で行われる「モールス通信入門」と題するフォーラムに参加です。
講師はJA3LZC加賀谷OMです。
f0073587_22514916.jpg

参加する大半の方がCW経験者でしたが内容としてはCWの壁をどう乗り越えたかとか
質疑応答のような進行で初心者特に経験のない私にとっては有難い時間でした。
なかでも初心者の方の質問で「パドルのスクイズ方法は最初から覚えるべきか否か」は
私にとっては「よくぞ質問してくれました」と心の中で拍手です。

ただ残念なのは、CWへの壁をどう乗り越えたかという質問に対し
自然に乗り越えられたとか、CWをやりたかったから壁はなかったとか
事実その通りだと思いますが、本当はいろいろ努力された結果であるはずなので
プロセスを具体的に披露いただけたら初心者にとっては励みになったように思います。

途中、一旦中座してJARL記念局を430MHZで約20分程運用。
いつもコールいただくJO3JBEさんからもお声かけいただきました。
f0073587_2322055.jpg

フォーラム終了後、主催のA1クラブの方にどうすればモールスを覚えられるのかを
相談したところ「Aならばトツーと声に出して覚えるように」と教えていただきました。

最後に名刺をいただくとJL3TII局??、QTHで記憶が蘇りました。
430MHZで2度QSOいただいていました。こんな所でお会いできるとは・・・
そこへ和文の師匠と皆さんから呼ばれていたYLさんが登場。
コールサインはお聞きできませんでしたが同じ高槻在住で高槻AMCのメンバーさんだとか。
まぁ世間は広いようで狭いもんです。人材厚き高槻AMCを垣間見ました。

今日は、先週に続きCWの自己啓発になった一日でした。
早速、単語帳を買ってモールス符号を書き留め声を出して練習です。
[PR]
by mido811 | 2016-01-31 23:23 | アマチュア無線 | Comments(6)
Commented by あぶ at 2016-02-01 15:41 x
こんにちは。
シンポジゥムも楽しそうですね。GVH局は7MHzでいつもの山田池(どこにあるのか?枚方市ってことだけしかわかりませんが(^^♪)からよくお声をいただきます。大変うれしいです。ただ最近7MHzが混んできたみたいな気がしていて,今日も7Mに周波数の空きを見つけることができませんでした。そうそう,今日は朝の内,栃木県足利市のJA/TG-072深高山(しんこうざん)でSOTA運用してきました。8:30ごろから21MHz-cwでDXを含め11局にお相手いただきました。再びRBNHOLEからSOTAWatchのspotに上げてくれるようになり,スマホを持っていない僕には非常に助かります。
7MHzは呼びに徹し,ついでに1.2GHzで声を出したら2局応答をいただけました。曇り空の寒い山頂でしたが,無線は熱かったです(^^♪
Commented by mido811 at 2016-02-02 00:47
>あぶさん、こんばんは。
BLOGを拝見しておりました。JA/TG-072深高山に行かれるということでしたので
動画配信を楽しみにしています。しかし、21MHZで11局とは凄い成果ですね~。
それとコンディションは良くないようですが7MHZが混んでいるとうのは何か要因があるのでしょうか?
それよりSOTAWatchにレポートが国外から上がるなんて・・・憧れますね。
早くCWができるようになりたい!

今回のシンポジウム参加もCQ誌のテーマに沿ったのか?CWフォーラムがあったので
参加しました。こうなったらCW漬けになってやる~って鼻息は荒いんですが
実力が伴わず撃沈です。(笑)懲りずに再来週は京都CW愛好会主催の講習会に参加の予定です。
Commented by あぶ at 2016-02-02 18:09 x
こんばんは。
山に登ると3,4日はその余韻でウキウキしています。今日もなんだか楽しい一日でした(しんどい仕事もなかったし)(^^♪
来週も山に行かれそうなので次の山をそろそろ探そうかなと思っています。
21M-cwは18MもそうですがDXの登竜門的存在のようなので,海外には時期によってよく飛ぶようですね。僕は新参者の初心者ですが,お相手いただくDX'er達はきっと名高い方々なんだろうなぁ...と思います。でもcwでは相手の貫禄などほとんどわからないので気楽に交信させていただいています。きっとなんだこいつ!とか思っていらっしゃる方もおられるんじゃないかな?英会話が全然だめなのでcwに逃げましたが,今後英会話も話せるようにしていく必要があるなと感じています。一生勉強ですね(^^♪
Commented by mido811 at 2016-02-02 22:02
>あぶさん、こんばんは。
深高山の動画拝見しました。
SOTAもそうですが、CWに憧れるオヤジにとってはサービスショットが豊富で見入ってました。
あのようにDXから次々とコールが入るとパイル並みのワクワク感がありますね。
なんというか地球の真中に立っているというか・・・スケール感を実感できそう。
バンドとしては18MHZや21MHZのハイバンドが好きですね。DXもよく聞えて来ますし
何といってもあまり混まずのんびりできるのがいいですね。
英会話が全然ダメってご謙遜を・・、動画のテロップはすべて英語じゃないですか。
CWも英会話もこなせるなんて羨ましい。私こそ英会話代わりにCWを覚えないとDXなんて
恐れ多いことです。

ところで、あぶさんもそうですか!私も山に登った後、体はそれなりにキテマスが
メンタルではストレスもなく軽~くなったような気分になってますね。しかし、それも束の間で
仕事に入るとあっという間に現実に引き込まれていますが・・・。
でも山はいいです。私も来週何処へ登ろうか楽しく悩みたいと思います。

追伸:今度あぶさんのリグ(特にバッテリ)とアンテナとマストを動画で紹介願います。



Commented by あぶ at 2016-02-03 17:19 x
こんばんは。
リグはFT-817NDで。いつも2.5W運用です。
バッテリーは,付属のものでもいいのですが,買ってしまったのもあって,中華製のこれ↓を使ってます。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DT10CBO/ref=oh_aui_detailpage_o09_s00?ie=UTF8&psc=1

9800mAh,ビデオでFT-817NDの右手に光っていた青色LEDの黒い箱がそれです。重さは360gで荷物になりませんが,FT-817NDで5W出そうとすると10分くらいしか持ちません(電圧が下がって自動的に2.5Wになっちゃいます)。2.5Wでも1万km近く飛んでいるので不満はありません。

マストはこれ↓です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00N4KLEQC/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

10m カーボン 釣り竿 & のべ竿 先調子 (豪雄11)とかいう中華製のものです。差キットの2本を抜いて8.1mで使っています。カーボン製なので軽くて強いですが,バーチカルを添わせると干渉します。バーチカルは少し斜めにして沿わないようにするとSWRが下がります。

ついでに,岩などに座るときにざぶとんはこれ↓です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003AKZ6D8/ref=oh_aui_detailpage_o09_s00?ie=UTF8&psc=1

ざぶとん。150円と超お買い得。もう何回も使ってますが,なかなか壊れません(^^♪

マストの固定は3点支線を張っています。釣竿の太さに合わせて木に穴を開けてつくった自作品です。構造はごく当たりまえなので省きます。

マストに給電点と同軸をつけてから伸ばしますが,同軸が思いのほか重いので,途中でマストに紐などでばらけ無いよう縛っています。一か所縛れば大丈夫です。そんなところです。

ビデオの英語もどきのテロップは翻訳サイトをつかったものです。ジツリキではありません(^^♪でもつけておくと海外からも見物に来てくれます。つけないと海外には相手にされません(以前の作品がそうでした)。海外から見てくれたとの書き込みがあると嬉しいです(^^♪
Commented by mido811 at 2016-02-04 00:34
>あぶさん、公開いただき有難うございます。
一番知りたかったのはバッテリでした。
一度、Ni-MH1.2v/2400mAh*9本でFT-817を5W/SSBで駆動しましたが
直ぐに電圧降下がおき2.5Wに更に送信時に電圧降下が激しく短時間で終了したことがありました。
それ以来、FT-817を使うのが心配で430MHZFMハンディ機と先の電池との組合わせでの運用スタイルになっています。ですのでバッテリは何を使われているのかなと興味を持っていました。
予想ではFT-817用のリチウム電池かGANGANの類かなと思っていました。

続いて、マストですが10mものとはわからなかったですね。
予想では5.4mクラスかなと思っていました。8mhが21MHZでは相性がいいというのは経験しないと
わからないことですが公開いただき感謝です。SWRについてはやはりカーボンの影響でしょうか?
グラスであればバーチカルでもいけそうですね。それと考えてるなと思ったのはマスト固定冶具です。
木製だとカーボンを傷めることもないですもんね。それにステーは3点支持ということですが4点でも
変らないからでしょうか。

座布団は意外と使いますよね。寒いときなんか有難さが分かります。
木製やコンクリートのベンチに敷くと効果ありですよね。私も使ってますよ。
ビデオのテロップも驚きでした。翻訳サイトであれだけ翻訳できるものですか・・・
英語が入ると海外の方も見に来るとは面白い。でも現にQSOされ局でしょうかコメントがありました。

いや~いろいろ工夫しながら楽しまれているのが良く分かります。
ましてキャンピングカーで移動できるのですから前泊も何のそのですね。
SOTA運用の手本みたいに思いますので、更なる御活躍を期待しています。


<< まさかの撤退、武奈ケ岳 JARL奈良県支部主催「CW実... >>