私流N響第九の聴き方
f0073587_19192015.jpg


2015年12月22日(火)

営業マンは年末挨拶が命。
会社へ帰れば、事務処理の嵐。それでも必死こいて処理していきます。
明日が休日だからでありません。
19:00からNHK-FMでN響の第九演奏会が生放送されるのです。
そして例年はこの放送を携帯プレーヤーのFMで聞きながら
イルミネーションで飾られた御堂筋を歩くのが私流の聴き方で密かな楽しみでもあります。

何とか19:00に社を出たものの忘れ物に気付き引き返したおかげで
19:06に聴き始めたけど既に第1楽章が始まっていました。
あ~冒頭の演奏が・・・
f0073587_195222.jpg

気を取り直して御堂筋の本町交差点を出発です。
御堂筋は結構広い道路ですが周囲のビル群のおかげでマルチパスがひどく
いくら送信所が飯盛山で電波が強力でもステレオで聴く限りはもう最悪です。
f0073587_1963538.jpg

第2楽章、私が一番好きな演奏は北御堂付近から始まりました。
クラシックのロックと言っても過言ではない演奏だと繰り返し申し上げておりますが・・・。
歩き方がリズムに乗ってちょっとヤバイです。
御堂筋も休日を前に忘年会や足早に帰宅する多くのOLさん達で雰囲気が出てきましたよ。
f0073587_1943994.jpg

第2聴く限りテンポも速くコントラストが利いているというか濃淡がはっきりして
立体感のある演奏に魅了されました。
さぁ~甘ったるい第3楽章は日生本社手前から始まりましたよ。
寝てよかな。
f0073587_1993154.jpg

もう直ぐ第3楽章が終ります。ヤッター
そろそろ土佐堀川に架かる淀屋橋を渡ります。
f0073587_19125220.jpg

日銀大阪支店を通り向かいにある大阪市役所にエンブレムの装飾が光ります。
来たよ~第四楽章
f0073587_1914194.jpg

この音楽ではないというくだりの演奏が続きます。
第九の中で”平穏”とう言葉がピッタリのところです。
f0073587_1917543.jpg

相変わらずマルチパスがひどいのですが、そろそろ合唱に入りそうなので
受信状況の良い堂島川沿いを歩くことにしてクライマックスを楽しみます。
それにしても指揮者はだれやったけ?めちゃ演出というか立体感を感じる演奏です。
f0073587_19231020.jpg

合唱来たーーーー。
ゆっくり歩を進めます。バリトン、テノール、アルトにソプラノそれぞれのパートが
独立していてミュージカルを聴いている風でもあります。
特にソプラノの森麻季さんはミュージカルの歌手のようだし
アルトの加納悦子さんは切れのある歌声が印象に残ります。
国立音大の合唱も歌い方に工夫があって本当に素晴らしい!既にブラボーや。
この合唱聴いてて感動で泣きそうになってきた。
ここで泣いたら単なる変態ジジイで終るから泣いたらアカンわ。
f0073587_19283064.jpg

はい、フーガ入りました。
そろそろ盛り上がってクライマックスですよ。
この合唱、感動する。
エリージムまできたよ。後はフロイデ シェーネル~ 
あ~もう最高!!!
演奏終了。どんぴしゃでフェスティバルホール到着。
f0073587_1933337.jpg

いや~今年のN響の演奏はあたりですね。
演奏会に行けない者は、大晦日のテレビで堪能するしかありません。
楽しみだな~。
この演奏は、歴代のN響の演奏でも指折りに入ると思いますね。
観客からのブラボーの歓声もいつもより早くて多いのがその証拠。
この後は渡辺橋を渡って四ツ橋筋を大阪駅に向かって歩いて帰りま~す。
f0073587_19391969.jpg

ところで、こんな風にN響第九を楽しむ人っているのかな?
えっ、私だけ。
それとMCは、やっぱり”山田美也子さん”じゃないとね。NHKさん!
[PR]
by mido811 | 2015-12-23 19:42 | ひとりごと | Comments(0)


<< 今年最後のSOTAは霧の金剛山 初冬の綿向山でSOTAサービス >>