幾久しく
f0073587_1113339.jpg


2015年11月22日(日)

今日は、「いい夫婦の日」だそうです。
とうとうこの日が来ました。
慌しくも式は滞りなく終わり娘を送り出すことができました。

寂しいといえば・・・・寂しいのですが、やはり姓が変わることで
嫁ぐということを実感しています。
父親って何なんでしょうかね。
どうも言うに言われぬ空気感ですが
反面、背負っていたものが一つ取れて軽くなった感じかな?
言い換えれば、やや自由になったともいえます。

これからは、自分達の人生をより主体的に創っていこうとおもいます。
そして、幾久しく幸多かれと娘の幸せを願うばかりです。
残るは、ドラ息子か・・・。
[PR]
by mido811 | 2015-11-24 11:33 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by nori-126 at 2015-11-24 19:33
娘さんの結婚おめでとうございます。私にも娘がいますが、花嫁の父というのは、midoさんのような感じになるのでしょうか?寂しくても早く結婚してほしいのですが。息子が来年、3月に結婚式を挙げますが、勝手にしてくれという感じなのです。
Commented by mido811 at 2015-11-24 22:19
>ノリさん
もう直ぐですよ~。特に父親というのは娘可愛いですからね。
特にノリさんだったら号泣でしょうね。

また息子さんの御結婚おめでとうございます。
来年3月には娘二人の父ですね。
ますますダンディにならないとね!


<< タモリ倶楽部 大学アマチュア無... とうとう見納めです。 >>