映画「エベレスト」
f0073587_0251277.jpg


2015年11月20日(金)

今日は休暇です。
しかし、やらねばならない事が目白押しです。
でもせっかくの休みなんで気になっていた映画「エベレスト」を見ようと
高槻アレックスシネマへ向かいました。

19:00上映ですが、日が悪かったのか人気がないのか
客は夫婦1組、若い男性1名、私を入れて計4名でした。
はっきり言って貸切状態です。

さて、作品の感想はというと事実に基づくドキュメンタリー映画ですので
起承転結があるわけでなく恐らく登山とかに興味のない方には退屈だと思います。
しかし、山に登る方が見ると一転して山に登る意義、山の自然の脅威や
人間の性等々いろいろ考えさせられる作品になります。

また3D特有の立体感もあって山の高度感や恐怖感がリアルに伝わってきます。
恐らく、冬山に登られた方は風邪の切る音や雪が顔にあたる音でよりリアルに感じると思います。

山に登るに楽しいにこしたことはありませんが
8,000m峰を一生登ることはありませんが
私にとって選択と決断、そしてなぜ山に登るのかを問われる作品でした。
[PR]
by mido811 | 2015-11-21 00:58 | ひとりごと | Comments(0)


<< とうとう見納めです。 久しぶりの”まめだ” >>