金剛山癒しのニリンソウ 
f0073587_115826100.jpg


2015年4月29日(日)

気が付けば4月も終わり。
こう思うのは何かに追われている証拠。(良くないな~)
そうだ、時期的にニリンソウが満開のはず。
ならばと今日は金剛山へ凱旋だ。

南海電車で新今宮から河内長野駅へ向い登山口行きのバスに乗り換え。
後でわかったのは、金剛山へは電車+バスのお得切符が販売されていたのだ。
それも知らずに正規料金を払うなんて!!後の祭りである。
f0073587_12135490.jpg
バスは相変わらずの混みようで登山口まで立ちっぱなし。
到着するや登山口からカトラ谷目差して歩きはじめた。カトラ谷の取り付きまで来ると前方に長い長い列を確認。
数組の団体が縦列して歩いているのだ。この先は登り下りが満載なので
多少の距離を保っても渋滞に巻き込まれる可能性は大とみて
いつものセブンイレブン印ヤマザキの草大福とお茶でまったりすることにした。
しかし、十分な時間を空けたつもりだったが先頭が登りでペースダウンし詰まりはじめた。
f0073587_12182432.jpg
続く梯子の取りつきでは次々に登っていく。しかし、落石や落下があれば一網打尽なので
先頭が上りきってから次の人が登るものだが、まぁお構いなしだ。
f0073587_1225555.jpg
最後は鎖場。片方が削られ崖になっているので益々ペースダウン。
登山渋滞は加速するが適当に休憩できるからいいか。
f0073587_12303582.jpg
空は雲が広がり湿度がやたら上がり汗があふれて来る。
昨晩のマッサンハイボールも汗で流出かと思ったら丁度いいところに水場で水分補給。
f0073587_123778.jpg

水場を過ぎればニリンソウの群生地に入る。既に足元にちらほら咲いている。
ニリンソウのほかに確かヒトリシズカがあったのだが今年は見当たらない。
花が好きそうなオバサマに聞いてみるとヒトリシズカは先週2-3株見たきりだそうだ。
ニリンソウにしても今年は早咲きらしい。
f0073587_12463391.jpg
f0073587_12465931.jpg
登るにつれ登山道の両脇にはいつの間にかニリンソウの壁が現れた。
f0073587_1248577.jpg

登りつめると今度はニリンソウのお花畑に到着。
同じ時期に比べると満開に近いのでやはり今年は早咲きかもしれない。
何度観高原の森にいるような錯覚を覚え癒されるなぁ~。
f0073587_12535458.jpg
f0073587_12542468.jpg
緑と白のコントラストを楽しんで最後の急登を駆け上がる。
登りきると国見城跡に到着。天気予報で正木さんが大阪南部では雨が降るところもあるかも
と言っていたが正しく金剛山に小雨が降り始めた。
金剛桜には花がつき始めていたが三分咲といったところかな。
f0073587_1302658.jpg
雨は直ぐに止み空かさずカップヌードルでランチタイム。
ランチが終わって今日はもう一つ目的があった。
いつも金剛山系大日岳からCQを出されているJH3JFFさんにお会いすること。
無線機を取り出しモニタしてみるとラッキーなことにCQをだされていたので
ブレークしてお会いしたい旨を伝えた。こころよく承知いただいたので大日岳へ向った。
f0073587_13295420.jpg
国見城跡から程なくして交信らしい会話が聞えてきた。まさしくそこは大日岳だった。
標識の側には5エレ八木がありJH3JFFさんはJP3IYX局と交信中だった。
交信が終了後、ご挨拶とともに移動用のバッテリーやアンテナ、運用のこと
はたまた人生の先輩としての助言をいただきあっという間に時間が過ぎていった。
無線もそうだし第九や登山どれでも共通の話ができる人とめぐり合えるのは楽しい。
やはりそこには地位とか利害がないから話も素直に聞ける。これがいい!
一緒に水越峠までとお誘いいただいたが、展望台へ行きたいと我がままを申し上げ
ひとまずお別れすることになった。JFFさん有難うございました!

f0073587_19243593.jpg
後程、送付いただいた2ショット写真とともに金剛山のカタクリの写真も
いただきましたので勝手に掲載させていただきます。
やはりポンポン山より花が大きい。


f0073587_13421291.jpg
展望台へ向う途中、隣接する大和葛城山を展望。
今は、禿げた山頂も来月にはツツジで真っ赤に染まるのだ。
ダイトレを辿り展望台に到着、最後の目的を実行するぞ。
f0073587_13463215.jpg
じゃ~ん。重たいのに三脚とアローラインを持参してきたからには
一度はCQを出してみたいのが無線屋の定め。うるさいおばちゃんギャラリーをよそに
CQを出そうとしたが、なななんとトラッカーで一杯ではないか!今日は祝日ではないのか。
祝日くらい綺麗な空であってほしいが・・・・ぼやいても仕方がないので433.100MHZで
周波数チェック後CQを出すと2局から使っているとクレーム。ならチェックしてる時に言えばいいのに。
その内の1局からもう少しパワーを落として欲しいと言われた。そう言えば、JFFさんが0.3Wで十分と言っていたけど
その意味がわかった気がした。モニタしても通常はトラッカーが占有しているがアマ無線局も聞えていた。
やはりロケーションが良く電波もそれなりに飛ぶのだろう。その反面、影響も大きくクレームになることもあるのかな?と思えた。
いずれにしても我がポンポン山では体験できないことだった。
f0073587_14333189.jpg
時間も時間だったので今日の交信は2局のみ。
アルインコDJ-S57/2.5W+アローラインf0073587_2143956.jpg
14:46 8J3EQ/3 神戸市東灘区 59/59 記念局
14:49 JO3ALU/3  京都市伏見区西つつじ岳 51/55












急いで撤収に掛かる。空を見上げればいつ雨が落ちてもおかしくない。
急げ急げ、ダイトレに沿って足早に国見城跡へ戻る。
f0073587_1412266.jpg
時計は15:30を過ぎたところ。誰もいない広場でザックからアンパンを取り出し
エネルギーを補給。これから千早本道を一機に駆け下りるのだ。
f0073587_14185556.jpg
久し振りに千早本道を利用するが、木道の階段が延々と続く。
逆にこの時間から山頂を目差し登る老若男女と幾度となくすれ違った。
階段を下りる最中に考えた。若い人は若さに任せて一機に下りるだろうが年齢を重ねると
それもいう事が効かないので自分のペースを維持しながら下りるのではないか。
つまり年齢をを重ねるほど、先々のことを俯瞰し継続できる力を身につけていくので
金剛山登山に4,000回をも超える達人が沢山いるのも頷ける気がした。
あの階段の羅列はいうならば修行場なのかもしれない、と思いを巡らせ登山口に到着。

今日は、花も観たしアイボールQSOもできたし電波も出したし
山を中心に存分に楽しめた一日でした。
帰って吞むマッサンのハイボールは旨いやろな~。
それか新今宮で下車して串カツかホルモン焼?。
[PR]
by mido811 | 2015-05-01 14:37 | 金剛山 | Comments(2)
Commented by nori-126 at 2015-05-03 11:59
山と花に加えて、CQと楽しみ満載の山歩きですね。2年前に行きましたが、ニリンソウ、小さな花なのに感動しますね。
Commented by mido811 at 2015-05-04 08:43
ノリさんへ
今年は早咲きのようでグッドタイミングでした。
無線も交信していただいている方にお会いでき山を
中心に楽しみが増えました。
次回は、ツツジですよ。


<< ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山... ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山... >>