広島行ったら「むさし」のおむすび
f0073587_2202073.jpg


2015年3月17日(火)

ポカポカ陽気に包まれ最近では珍しく広島に出張した。
午前中は紙屋町や大手町の取引先へ行ったこともありって
言い訳がましいが、昼休みを利用して近くにある平和記念公園を訪れた。

十数年前に勤務した広島だが、灯台下暗しで近くを通ることがあっても
原爆ドームや公園内に入ってみたことが無く今回初めて足を踏み入れた。

仕事を一通り終えると本通りへ向った。
広島に来ると俄然食べたくなるものがある。
広島お好み焼きでもなくアンデルセンのパンでもなくもみじ饅頭でもない。
それはと言うと、「むさし」の俵むすびだ。
f0073587_22301750.jpg

それぞれ違った具財の入った俵むすびが5個と沢庵2切れが
木の皮に包まれているいたってシンプルなものだが、この俵むずびの
味加減というか塩加減がバツグンなのだ。
もうこれだけで、お腹を満たしてくれる優れもの。
f0073587_22304314.jpg

そして、この俵むすびはオーダーが入って結び始めるので
買った時はホカホカの状態。これを数時間おいて冷ましたところを
食べるのが自分の流儀だ。傍らで奥方が欲しそうな顔をしていたが
無視して全部食ってやった。許せよ奥方、これだけは譲れない。
f0073587_22313069.jpg

このおむすびが広島ブランドとやらに認定されたそうだ。
包み紙に感想を寄せれば粗品進呈と書いてあるが、
粗品よりも大阪に店舗を構えて欲しい。

よ~し早速、感想を書いてみるかな。
[PR]
by mido811 | 2015-03-17 22:32 | ひとりごと | Comments(0)


<< 卒業式 春を告げるセツブンソウ >>