ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 春呼ぶ福寿草 
f0073587_18482397.jpg


2015年2月28日(土)

ポンポン山の福寿草開花の知らせを受けて現地へ向った。
福寿草は日が射して花が開くので天候を考えると行くなら今日しかない。
そのことを奥方に伝えると私も行くと言い出し・・・一緒にいくことになった。

ということで、車で本山寺駐車場へ向かう。
既に数台が駐車していたが、思うほどではない。
f0073587_1181080.jpg

いつもの急登を喘ぎながら登り本山寺を目差す。
登山道に入ると昨晩雪が降ったようで所々が白く光っていた。
f0073587_11265416.jpg

山頂は通過して出灰への分岐である西尾根コースに入り現地を目差す。
途中、”りょうぶの丘”で持参した草大福を奥方は桜餅を食べ一息ついた。
毎度ヤマザキの草大福を食べるとセブンイレブンのとスーパーのとで違うような・・・。
セブンイレブンの方がどうもヨモギの匂いが強いように思うのだがそう思うのはオレだけ?
f0073587_11332443.jpg

暫く進むと京都の愛宕山と手前のカタクリで有名な小塩山を展望。
もう暫くすると山々も色付きはじめる。
f0073587_1139474.jpg

この間に空は青く快晴となった。
福寿草を見る環境は整った。晴男と晴女のWのなせる技か?
登山道に架かる福寿草の簡易標識を頼りに一機に下っていく。
f0073587_11484715.jpg

大原野森林公園の方へ届出を提出してゲートをくぐると待望の福寿草とご対面。
太陽も福寿草をみごとに照らしてくれて感謝、感謝。
f0073587_126733.jpg

それでは今年の福寿草の第一花です。
f0073587_11565460.jpg
f0073587_11573845.jpg
f0073587_11594550.jpg
f0073587_1222821.jpg

傍らにはネコノメソウも発見。
f0073587_1274950.jpg

福寿草を堪能しポンポン山山頂へ戻る。
次なるお楽しみはアマチュア無線の交信だが、その前に腹ごしらえ。
どうやら先日作った風防が役に立ったようだ。湯を沸かしてカップラーメンが出来るまでに
アンテナの設営を済ませる。今日は京都側に設置し周波数は432.880MHZでCQを出した。
f0073587_12163796.jpg

【本日の交信記録】DJ-S57/2.5W+AL-207F(H)f0073587_1651547.jpg
14:54 JI3EMB 大阪府羽曳野市   59/59
15:05 JR2RSH 三重県鈴鹿市     59/51 
15:08 JA3RTD 堺市中区        59/52
15:11 JP3IYX 兵庫県尼崎市     57/55
15:22 JP3FSX 堺市西区 59/59
15:26 JN3BME/3 滋賀県野洲市   55/52
15:31 JH3JFF/3 堺市ソテツ山    55/53
15:44 JP3JHY   大阪市住吉区   54/59
各局FB QSO有難うございました。
特にJR2RSH局は伊吹山、綿向山、桧塚奥峰移動含め毎回QSOいただきTNXです。






無線を終えると一人佇んでいた奥方が落ち着いた声で「さっきから傍に鹿がいるんやけど
襲ってこないかな・・・」と普通に言ってきた。
よく見ると鹿がこちらをじっと見ている。まるで監視されているようだ。
f0073587_1249752.jpg

鹿は逃げる気配もなく新芽を啄ばみ、こちらも驚かす気は毛頭ないのでそっとして帰り支度を急いだ。
4時前でも明るく日が伸びたと感じる。
最後に京都市内を展望し下山となった。
f0073587_1236956.jpg

かつては1,000株以上あった福寿草も盗掘(悪人)や鹿、猪の被害によって
今や300株程度になったそうだ。それでも必死で守ってくれている
京都大原野森林公園の方々や地元ボランティアの皆さんに敬意を表します。
観察する側はそのことを知った上でご覧いただきたい。
[PR]
by mido811 | 2015-03-01 12:42 | ポンポン山 | Comments(0)


<< SWLカード作成 風防@ランドネVerを作ってみ... >>