ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」 善峯寺へ縦走
f0073587_2242294.jpg



2014年11月23日(日)

本日はポンポン山から紅葉で有名な善峯寺へ縦走する。
いつもならピストンするところだが縦走してJR向日町から戻るコース。

f0073587_19465286.jpgf0073587_1947515.jpg
その為、いつものバイクで移動するのでなく市バスを利用する。
市バスに乗車し3つ目の原立石バス停で下車し歩き始める。
距離はいつもより長いけどご褒美が待っている。
ビール、ビール、ビールが飲める~!


f0073587_19561737.jpg
原立石バス停では数名の登山者が下車。
牛地蔵に到着すると珍しさからか他の登山者が記念撮影している。
私は見慣れた風景であり歩き慣れているので一機に加速。
神峰寺では紅葉がピークを迎えていた。


f0073587_204859.jpg
神峰寺を過ぎると紅葉の回廊が続きプチ感動で思わずカメラを取り出す。
回廊が終わると坂道がスタート。
ここも歩き慣れた場所、先行の登山者を次々に抜いていた。
中間地点の本山寺駐車場は概ね満車の状態。
木々も先週と比べ色付きを増して秋を感じさせてくれた。


f0073587_20112074.jpg
坂道もここから急坂に変わる。
駐車場のお地蔵さんにお参りしいざ参らん。
ウォークマンを取り出し第九を一楽章から聞きながら歩く。
足取りも軽く急坂も喘ぐこともなく山門を通過すると黄色の回廊が待っていた。
f0073587_20385149.jpg
本山寺も紅葉のピークを迎えていた。
境内でお参りを済ませエネルギー補給とばかりに「よもぎ大福」を頬張る。
そこへ家族連れがやって来て何か訊きたそうだったので「ポンポン山に行かれるんですか?」と
こちらから声を掛けた。すると山頂までの時間が知りたいということだった。
初めて登るので道迷いや子供も付いていけるか不安だったのだろう。
すぐさま迷うことなく山頂に着けることに加えお楽しみとして山頂からの展望のことを伝えた。


f0073587_21483326.jpg
暫く雨がなかったので登山道は落葉で滑り易い。
慎重に歩を進め再び第九を2楽章から聴き始めた。
すれ違う登山者も多く山頂の賑わいが伝わってきそうであった。
グッドタイミングで第四楽章が終了し山頂に到着。
山頂では僅かなスペースを確保して湯を沸かしてカップラーメンをすする。
食事後には無線機を取り出してCQを出し呼びかけた。
今日は、善峯寺へ行くので短時間でのQSOとなったが結果は次の通り

【本日の交信(QSO)記録】
JP3EJE   枚方市 59/59
JK3CUZ  茨木市 59/59
JK3BTY/3 河内長野市岩脇山移動 59/59
JQ3AOM  京都市伏見区 57/57
JH3JFF/3  奈良県御所市大日岳移動 59/59
JJ3MSJ   京都府宇治市 59/59
JN3VBP  八尾市 51/59
JO3BAO  高槻市 59/59
JN3EDO/3 枚方市
各局QSO有難うございました。



f0073587_2155094.jpgf0073587_2154785.jpg
交信を終了すると周囲に人気はなくガラガラになっていた。
気持ちは焦りつつ身支度をし隣の釈迦岳に向った。
ポンポン山からは下り道になり善峯寺へは比較的移動し易いが
逆のコースを辿ると釈迦岳までは急坂の連続になるので好きではない。
しかし、今回行ってみてピストンでポンポン山へ戻る人が多いのに気付いた。
その理由は後で何となくだが理解できた。


f0073587_2252759.jpg
釈迦岳からは水無瀬への分岐と柳谷観音との分岐を経ると
いよいよ善峯寺が近くなる。途中に展望場があり冒頭の写真通り善峯寺が一望できオススメスポットだ。
紅葉で彩られた風景を楽しんだ後にもう一つお楽しみがあった。
緩やかな登山道を暫く進むと赤と黄色の壁が現れ思わず息をのむ。
正体は鮮やかに色付いた紅葉の並木。
先行の登山者は思わず感動の嘆息でカメラを向けていた。
善峯寺から見ると色付いた山の斜面の一部だが登山道から見るとこのような光景が拡がっていた。



f0073587_22131738.jpg
残念ながら天候は曇りに変わったところで善峯寺に到着。
入観料500円を支払い中に入ると至る所で紅葉が艶やかに色付いていた。
しかし、人、人、人の賑わいで人をいれずに写真を撮ることはできない。
次のJR向日町行きバスの発車までの間、紅葉を楽しむことにした。

f0073587_22205539.jpg
f0073587_22212967.jpg
f0073587_2222129.jpg
f0073587_22254391.jpg



1時間ほどかけて紅葉を堪能。
帰りは阪急バスでJR向日市行きに乗車するが繁忙期でも
1時間に1本しかないため観光客と登山者で満員。
またバスは細い道をくねくね進んで所要時間30分を要したため
ピストンでポンポン山へ戻る登山者が多かったのが頷けた。
時間の余裕があれば高槻市バスでJR高槻へ戻ったほうが楽かもしれない。

f0073587_22394910.jpg
グッタリしてJR向日町からJR高槻駅へ移動したが
この後は駅前の居酒屋でお楽しみの「生ビール&ニラレバ炒め」をオーダー。
グイッと飲んで元気を取り戻したですばい。やはり登山の後のビールは格別ばい。(癖になりそう)
終わり良ければ全て善し。楽しい連休の一日だったばい。(何で九州弁やねん)












[PR]
by mido811 | 2014-11-24 22:46 | ポンポン山 | Comments(4)
Commented by MU3 at 2014-11-25 09:20 x
MU3です。ブログ拝見していますが、コメントはご無沙汰してます。すっっっごく、綺麗としかいえないほど、感動です。
QSOも楽しそうでうらやましいです。
まだ当局は余裕ができず仕事に家庭に、合唱に追われてます。
一万人、楽しみにしています。
私はアリーナ北七列前のほうです。
Commented by mido811 at 2014-11-25 22:28
MU3へ
御無沙汰してます。
無線復活もあって再び山へ行き始めました。
UHFは飛びが面白くってハマってます。
余裕が出来れば一度QSO願います。

万九いよいよ本番ですね。
私は西10列ですが、どの辺りかわかりません。
再びお会いできることを楽しみにしてます。

Commented by nori-126 at 2014-11-25 23:18
昨年、善峰寺の紅葉を楽しみましたが、素晴らしかったです。遠くから、全体の写真が撮れるポイントがあったなんて知らなかったです。冒頭の写真は見事ですね。
Commented by mido811 at 2014-11-25 23:39
ノリさんへ
登山道には展望場が設けられ善峯寺を一望でき
紅葉を違った角度で楽しむことができますよ。
生憎、曇ってましたが一瞬陽が射した瞬間に撮りました。
来年は、ポンポン山から縦走してみてください。


<< 一万人の第九 大阪Bクラスレッ... JA3ODBさんとアイボール >>