QSLカードが到着。
f0073587_23553865.jpg


2014年11月3日(月)

アマチュア無線連盟、通称”JARL”に入会したのが再開局と同じ6月。
それ以来、交信をしていたにも関わらずQSLカード(交信証)が
届くことは全く無くどうなってんのか?と思っていたが
先日、初めてQSLカードが送られてきた。

ご存じない方が大半だと思うのでちょっと説明をば。
通常、アマチュア無線界では交信(QSO)をした証として交信証を
相互に発行するのですが、その送付を代行しているのがJARLと呼ばれるアマチュア無線連盟です。
会員は連盟が委託する島根某所へQSLカードを一括送付することで各局へ配送される仕組み。

ベテランさんは、カード交換のことを「面子集め」とか揶揄する人がいるけど
再開局した自分にとってはカードは楽しみの一つなので届いただけで感激なのだ。
何がって?カードにはその人の個性、或いはセンスが垣間見えるし
地方の特色だってうかがい知ることが出来る。北海道から沖縄まで
まあ居ながらにして全国を旅してる感じかな。
カードのデザインや写真、イラストを見るのも楽しいなぁ。
BCLのベリカードなんかその典型だ。

この連休中は天候が悪く出掛けずにいたが溜まっていることを片付けるのには良い機会だった。
まずは先程のQSLカードの印刷作業。
けっこう地味な作業ですが、大変です。
続いては、通勤用の靴3足を磨く。
これもいつかやらねばと思いつつ出来なかったこと。

それと無線機の機能変更。
今使っているTS-590の中波受信感動アップのため
蓋をあけてジャンパーを入替えた。
f0073587_0293121.jpg

ジャンパーの変更で中波受信感度がアップしたことで徳島の四国放送や
KBS滋賀、東海ラジオ、CBC、和歌山放送に岐阜放送なんかがよく聞こえるようになった。

もう一つはプライベート名刺の作成。
最近は趣味の世界でご挨拶するケースも増えてきたので
会社名刺を差し出すのも野暮なので万九仲間のノリさんが配っていた
プライベート名刺は便利でいいなと思っていた。
ようやく重い腰を上げ不細工ながらできたし。

時間の合間をみて無線機持参で摂津峡公園に出掛けた。
すると先々週登った高安山からQRVするJO3FKS/3さんと交信。
続いて、自宅に戻り家の中から東六甲山展望台へ移動していたJO3TQY/3という
中学3年の女子と交信できました。はきはきした良いお嬢さんでした。
家の中で六甲山にいる人と会話が出来るのも無線の醍醐味ですかね。
家族で無線をやっているそうでパパが羨ましい。

やり残したことは未だあるけど、気になっていたことが解消できてスッキリ。
明日は自分で磨いた靴履いて出勤しようっと。
[PR]
by mido811 | 2014-11-04 00:51 | アマチュア無線 | Comments(0)


<< 一万人の第九 大阪Bクラスレッ... EOS30Dを修理 >>