夏もいいよ!ポンポン山
f0073587_2255598.jpg


2014年7月26日(土)

猛暑が続いています。
この猛暑を利用する手はないということで
夏山山行の準備でテント、シュラフ、ザックを一斉に干しました。
まぁ見事に乾いてくれます。

午前中に取り込んで猛暑を楽しもうと
無線機と凍らしておいたオールフリーを持って
バイクで本山寺駐車場へ向うことにした。
行先はって?当然、ポンンポン山です。

ここ暫く山という山へは行っていなかったので
この酷暑に体力を試してみたくてね。
でも、行ってみたらこれが涼しくって拍子抜け。
山へ上がると木々が日差しを遮って風が気持ちいい。

f0073587_001367.jpg


頂上に着くと数名の登山者がいるだけ。
やはり酷暑だからかな?
早速、キンキンに冷えたオールフリーをぐいっとやる。
う~ん至福の悦び。

f0073587_00545.jpg


もう一つの目的。
アマチュア無線の移動運用です。
といっても内蔵のホイップアンテナですけど。
先ず430M
相変わらずコールサインを言わないモービルで全チャンネルが埋まっている。
そこへSSB変調が入る。
同調すると2エリア岡崎からの8エリア指定のCQ
ダイヤルをまわしていくと9エリア福井からのCQを確認。
FMモードで抑えられている周波数の隙間を縫ってコールサインを言う
アマチュア局がほそぼそとやっているのは本末転倒ではないか?
これって単純におかしいぞ。

結局、430Mで交信が出来ず144Mへシフトする。
430M程ではないがコールサインを言わないモービル局でいっぱい。
その中で僅かに京都のアマチュア局がラグチューをしていた。といっても2局だけ
仕方ないので空いている周波数を見つけCQを出してみることにした。
すると「周波数使ってんどー」とやや恫喝気味に怒鳴られた。
雰囲気悪すぎ・・・144/430はおっちゃん達が休日にならない限り空きはなさそうだ。
平日アマチュア局はSSBモードでやるしかないのかね。

f0073587_025780.jpg


そこそこいい時間になったので下山することにした。
それにしても気持ちいい風が足元をさらう。
本山寺まで下りたところで再び無線機を取り出し念のため
今度は50MHZを受信してみた。
144/430ではアンテナは垂直でよかったが50は水平が多いので
アンテナを寝かし探っていく。するとCQを出している局を確認。
徳島県美馬市移動のJR5PDV局だった。

最近の50Mは昔に比べ閑散としている。
そこへCQを出しても応答はなかなか得られない。
それでも同局はめげずにCQを出し続けるのだ。
内蔵ホイップアンテナで届くかどうか分からんがコールをしてみた。
すると応答有り。
なんとなんとこんなアンテナと出力2.5W程度で55のレポートを貰う。
やっぱり50MはQRVする局が少なくても捨てがたい。
交信が終了後もPDV局はCQを出し続け次々にQSOされていた。
下山まで受信していたが、グランドだと思うが千葉県富津市からも応答があったようだ。

久々に体を動かし山へ登るマインドを取り戻した。
無線の方は最初に後味の悪い思いだったが50Mでの交信で解消。
夏も悪くないです。
ポンポン山
[PR]
by mido811 | 2014-07-27 00:03 | ポンポン山 | Comments(0)


<< 緑のカーテン タネ本頼りで見事撃沈 >>