ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山 -福寿草咲く-」
f0073587_1292851.jpg




2014年2月23日(日)

昨日、本山寺で出会った登山者さんはくるぶしまで積雪があると言っていた。
大雪から1週間が経つというのに本当にそうなのか気になる。

オマケに当ブログに”ポンポン山の福寿草”の検索ワードでヒットする人が
増え始めてきた。そう言えば昨年もこの時期に咲いていたはず。
天候は晴れ、降水確率0%と来れば行くしかないでしょう。

朝から暫くぶりのザックへのパッキング。
バーナーにコッヘル、サーモスにお茶を入れカップヌードルと
オニギリで山のラーメン定食の用意。続いてダウンに帽子
え~とそれから・・何やったかな?悪戦苦闘して本山寺駐車場に11:30到着。

本山寺までは既に雪が融け始めていた。
久しぶりのアイゼンを装着し出発。寺から登山道への合流までも
積雪がそこそこあり概ね圧雪されて氷と化している。
アイゼンはガリガリという音をたて同時に足裏に振動が伝わってくる。

f0073587_1441254.jpg


登山道に入るや大阪府境までは表面が凍っている所が多いが
京都府に入ると氷でなく雪かシャーベット状の雪のままである。
恐らく京都府境は気温が上がらず冷凍保存状態になっていたのだろう。
しかし、これ程の雪とは驚きだが近くで雪山をお手軽に体験できる方が勝っている。
アイゼンも面白いほど刺さってくれるしもう快感!

f0073587_0342788.jpg


頂上につくとそこそこの登山者がいた。
周囲の景色もいつもと違い鮮明だ。特に京都方面では比叡山の奥を見ると
頂が真白になった恐らく蓬莱山から武奈ケ岳がすっきり見えた。
山頂で一口羊羹とお茶でブレイクタイム。
いよいよ福寿草の自生地へ向う。

f0073587_12889.jpg


自生地までは人が余りはいっていないせいか積雪が多く歩きづらい。
しかし、有難いことにトレースがしっかり付いているので迷うことは無い。
最初にラッセルいただいた方に感謝、感謝です。
汗もたっぷり掻いてリョウブの丘を通過し暫く歩くと標識こそないが
右へ分かれるようトレースが付いていた。ひょっとして自生地の門扉が閉まってたら
どうしようと不安が過ぎったが進むにつれテントが見えたのでホットした。

雪がたっぷりの急な階段を慎重に下るとテントから職員の方が出迎えてくれた。
入門の手続きをしながら職員さんに開花しているか尋ねると雪が融けた
ところにある2株がさっきから開花し始めたと聞いた。
しかし大半は雪どけを待っている。

そして、今年も出会えました。
ポンポン山の福寿草です。

f0073587_125211.jpg
f0073587_134715.jpg


その昔は雪を蹴破って咲くのが福寿草と聞いたことがあります。
今年は初めて雪の中で咲く福寿草を見ることができました。
職員さんの話では後2週間後くらいが見頃ではと仰っていた。
しかし、雪に咲く福寿草は恐らく今しかないでしょうね。

f0073587_117222.jpg


帰りはポカポカ陽気と青空の下で雪と戯れながらポンポン山へ。
誰にも遭うことなく静かな山を満喫。
ポンポン山に到着すると遅い昼食タイム。
メニューは定番のカップヌードルとオニギリのセットだ。

f0073587_1243265.jpg


山頂から見えるひ比良の山々に見とれながら下山いたしました。
家に着くと京都府山岳連盟からエントリーカードが届いていた。
番号は86番。300名募集で86名ってどうなの?
[PR]
by mido811 | 2014-02-25 01:30 | ポンポン山 | Comments(4)
Commented by beretta-a304 at 2014-02-25 06:37
福寿草 とても綺麗ですね!
Commented by mido811 at 2014-02-26 23:57
beretta-a304さんへ
コメント有難うございます。
綺麗でしょう。去年はイノシシに土を掘り返される被害で絶滅の危機だったんですよ。
Commented by moegiiro15 at 2014-03-01 01:02
ご無沙汰でっす^^;
雪に咲く福寿草 綺麗やねぇ。
こんなええもん見せてもらえて「春から縁起がい~ぃ!」ですわ。
おおきにm(._.)m
Commented by mido811 at 2014-03-01 23:54
moe様
ご無沙汰しておりましたっす。
春です・・・春でっせ。
最近、雨男は返上しアッパレ男です。


<< さよならBOOK1st 梅田店 本山寺トレーニング >>