ほぼ気まぐれ「今日のポンポン山」4/13
f0073587_1411739.jpg


2013年4月13日(土)

天候は快晴、カタクリ観察には好条件である。
というのもフクジュソウと同じで日が射さないと花を開かないからだ。
気持ちは逸る反面、前回観にいったときから2週間を経過しているので
ひょっとしてピークを過ぎているかもしれないという不安がよぎる。

登る前に昼飯の巻き寿司を調達し本山寺駐車場へ向かった。
いつもなら満車にちかい駐車場も地震の影響で出足が鈍いのか・・・。
それにしても今朝の地震は北朝鮮のロケットが発射されたのか?と勘違い
するぐらい地震到来前に防災無線のスピーカーからサイレンが鳴ったので
逃げるでもなくどうしてよいか判らずじっとしていた。

本山寺では護摩堂の建設が本格化したようで重機と工事の音が鳴り響いていた。
登山道には藪椿と山ツツジが見頃を向かえ普段は飾り気のないところを
華やかに彩っていた。

12:00を少し廻ったところで山頂に到着。
昼食をとる登山者でいっぱいだったので先にカタクリを観にいくことにした。
そして、ポンポン山のペッピンさんといよいよご対面!

f0073587_159072.jpg
f0073587_1594753.jpg
f0073587_15254231.jpg



花を見るとピークはやや過ぎた感じだが、今年は大豊作だ。
目視で比較しても昨年の倍は咲いている感じがする。
世話をして来られたボランティアの皆さんにただただ感謝するのみ。
まだ蕾のものも残っていたのであと1-2Wは観ることができそうだ。

f0073587_15115735.jpg
f0073587_15132420.jpg
f0073587_15155053.jpg


スプリングフェメラルと呼ばれるカタクリ。
いつも恥ずかしそうに下を向いているペッピンさんだ。
正面から見るとサクラ印の家紋がなんともいえない。
自然の芸術とはいえ幾何学的な文様をつけることの不思議がある。
もっと不思議なのは、種から7-8年をかけて花をさかせることだ。
今年の子孫は7-8年後にお目にかかるってわけ。

f0073587_15274451.jpg
f0073587_15284721.jpg


最近、ペッピンさんに会うことがないからかもしれないが観てても飽きない。
カタクリを堪能した後は頂上へ戻り遅い昼食を摂る。
周囲は春霞で良い風景とはいかないが近くの愛宕山はしっかり見えていた。


f0073587_1537343.jpg



15:00に本山寺駐車場到着。
サクラは散っても山サクラは今が旬、特に駐車場奥にあるボタン桜は
蕾が膨らみ今にも咲きそうだ。
いつか満開のあの木の下で花見をしたいのだが・・・。

f0073587_15433380.jpg

[PR]
by mido811 | 2013-04-14 15:49 | ポンポン山 | Comments(6)
Commented by さくらさく at 2013-04-14 18:36 x
私は葛城山に行ってきました
ロープウェイで登ったなんて言えませんけど(^-^)
カタクリは少し咲いてましたが去年より少なかったです
まだ早かったのかも
でもギフチョウには会えました(^-^)
スミレがたくさん咲いて幸せな気分になりました
Commented by nori-126 at 2013-04-15 00:09
御無沙汰しています。カタクリも美しいが、写真が美しい。どうしたらこんなにきれいな写真が撮れるのですか?
Commented by mido811 at 2013-04-15 01:41
さくらさくさん、葛城山のカタクリも綺麗だったでしょうね。
場所は研究路でしたっけ?まだ行ったことがないんですよ。

以前言われていたギフチョウに会えてよかったですね。
ポンポン山でも見たことがあります。
やっぱり春山は華やかでいいですね~
Commented by mido811 at 2013-04-15 01:45
ノリさん、お久しぶりです。
小鳥の写真は拝見させていただいていますよ。
ポンポン山でもけっこうバードウォッチングの人を見かけます。

お褒めいただいている写真ですが、最近のカメラはよく出来ていますからね。
Commented by nori-126 at 2013-04-15 07:16
光の透るカタクリの写真、1,5,7,9枚目が気に入りました。いくらカメラがよくできていても、この角度で撮りましょうとは言ってくれないでしょう。
Commented by mido811 at 2013-04-16 22:16
ノリさん、好評いただき有難うございます。
それでもカメラがよくできてるかカタクリの気遣いが素晴らしいかです。


<< ポンポン山のカタクリ2013 サクラを愛でる >>