ポンポン山から善峯寺へ
f0073587_2374098.jpg


2012年11月25日(日)

連休の最終日は朝から期待通り快晴。
ネットでは京都西山の善峯寺の紅葉がピークとか
ならば行くしかあるまい。

普通の人はJR向日町から阪急バスとなるのだが
山好きは忍者のように敢えて尾根を伝って移動するのだ。

愛車、ヤマハJOGにまたがって本山寺駐車場へ向い登山道に入る。
なぜか早めの時間なのに下山してくる人と結構すれ違った。
これはもしや?予想通り山頂に到着すると亀岡方面に雲海が広がっていた。
そこへ高槻ハイキング協会の団体120名がやってきて山頂を占拠。
これから善峯寺へ移動すると聞かされ慌てて出発する。

f0073587_23323817.jpgf0073587_23531474.jpg


山頂から釈迦岳へ移動し西山古道を辿るはずが、標識通りに進んでしまい
杉谷へ下りてしまった。仕方なくアスファルトの道路を歩いて善峯寺へ向うと
下門では駐車待ちの車で渋滞しておりイラチの関西人としては耐えられない。
運よく本来辿るはずの西山古道入口の標識があり引き返すことにした。

f0073587_2355013.jpgf0073587_2356752.jpg


小橋を渡って進んでいくと展望台があり善峯寺全景を眺望できる。
そこから少しすると標識2があり柳谷観音と釈迦岳の分岐があり
釈迦岳方面へは急登の始まりで延々登っていくと開けた所にベンチがあり
向こう側に樟葉ゴルフ場を見ることが出来る。

f0073587_04512.jpgf0073587_05521.jpg


水無瀬渓谷の分岐を過ぎもうひとふん張り登りを制すると釈迦岳山頂到着。
持参したうどんセットで昼メシにした。
食事後、ポンポン山へ移動すべく鉄塔を二つくぐり東海自然歩道に合流。

f0073587_0121786.jpgf0073587_0123642.jpg


ポンポン山山頂に到着。
静かな山頂からは大阪方面は元より今日は奈良方面の視界が良好で
恐らく大峰山系ではと思える山並みが見える。
山好きのオッサンが、ハイカーに熱く語っている。
「あの電線に掛かる円錐の山が鎌ケ岳でその横の平たいのが
御在所岳ですわ」と・・・すると横にいたオッサンが「正面に見えるのは八経ケ岳に
間違いない」と言い切った。・・・・さて真意の程は
f0073587_0262635.jpg
f0073587_0204971.jpg


日の短さを影で感じながら間もなくやってくる冬の足音が聞こえてきそう。
しばらく山頂でのパノラマを堪能し下山開始。

f0073587_0385094.jpg


下山途中、大阪府と京都府の境目あたりにベンチがある。
ここからの眺めも良いが、今日は特に赤く染まって見える。
よく見ると大阪湾の海面が太陽に照らされキラキラ光っているではないか。
その向こう側には薄っすらではあるが淡路島のような・・・

f0073587_048815.jpg
f0073587_0482140.jpg


どうですか?
標高678.9mの低山ながらポンポン山は楽しく登ることができますよ。
是非一度お越しください。
[PR]
by mido811 | 2012-11-27 00:54 | ポンポン山 | Comments(0)


<< 一万人の第九 本番終われば「ま... 紅葉の本山寺 >>