「水声の道」を辿りポンポン山へ
f0073587_22121525.jpg


2012年9月9日(日)

靴慣らしを兼ねポンポン山へ登ってきました。
今日は本山寺駐車場を起点に川久保を経由して地図に
掲載されていない道「水声の道」を辿ります。

この「水声の道」は、あるグループが私財を投じボランティアで
整備、拡張した道だそうです。行きは渓谷に沿って歩く水声の道を使い
下山は東海道自然歩道を利用して本山寺駐車場へ戻る周回コースとしました。

頂上に着くと、道を整備しているであろう職人気質の人達が集い
これから30kgの砂を背負って運ぼうとされていました。
彼らの野望は、まだまだ広がるようです。

f0073587_22271153.jpg起点の本山寺駐車場。
本日も登山者でいっぱいです。
f0073587_22273966.jpg本山寺駐車場からやや戻ると分岐していますので門扉の方へ進むと川久保方面へ下る。
f0073587_22281234.jpg下っていくと橋があり向かって右は川久保バス停方面、左へ行くと登山口。
f0073587_2230557.jpg暫く渓谷沿いを歩く。途中に湧水場や第二名神工事用道路が見える。
f0073587_22305016.jpgそのまま渓谷沿いを歩くと分岐に出合い右は大杉・ポンポン山方面、左は水声の道(標識あり)につづく。
f0073587_223124100.jpg暫く直線の上りが続き広場のような場所に到着。ここが入口になる。
f0073587_22322186.jpg入口からは小さな川に沿って付けられている道を上っていく。
f0073587_22325633.jpg半分位来ると”美し水処”という標識のある水場に到着。
f0073587_22335317.jpg水場を過ぎて一機に上がると東海道自然道と合流。
f0073587_22342135.jpgポンポン山の標識の通り歩くと頂上に到着。最近では登山者だけでなくトレランのグループをよく見かけます
f0073587_23284396.jpg天候は生憎の曇り空でしたが阿倍野の近鉄ビルが確認できました。

[PR]
by mido811 | 2012-09-09 23:30 | ポンポン山 | Comments(0)


<< 一万人の第九 大阪Cクラスレッ... 淀屋橋odona うれし野 >>