ショック! 南港♪Music Entertainment 強制終了に
2010年3月30日(火)
年度末とあって企業は慌ただしい時期に私の愛すべきラジオ番組FM-COCOLOの
南港♪MusicEntertainmentが3/28を以て強制終了となった。

f0073587_22143279.jpg
これは、解説の上柴とおる師匠が不祥事を起こしたわけではなくFM-COCOLOの経営不振からFM802の関連制作会社FM802メディアワークスに4/1付から制作委託するために余波で既存番組を3/31までに強制終了するはめになったのだ。リーマンショック以降、COCOLOナチュラルフライデ-のDJであった矢口清治やいわゆるギャラの張る人達が一斉に消え、ローカルのDJで賄うような番組作りになっていったように思っていたがここまで来るとは・・・。FM-COCOLOの経営層の責任は重大ではあるが、FM802が言い出したかどうかは?だが番組を委託するから既存の番組は一旦終了するなんぞ聞いたことがない。その方が手離れはいいし新たなコンセプトを確立するには都合が良いのだろうが、リスナー側や制作する人々の立場になって考えた結論なのか?甚だ疑問だ。

f0073587_22355110.jpg4/1以降のコンセプトOVER4だそうな。45歳以上がターゲットで局の呼び方もエフエム・ココロからエフエム・ナナロクゴだそうで、まさしくエエム・ハチマルニの文化を引き継ぐかのように思えてくる。そうなるとFM802本家は45歳以下がターゲットか?それやったら一層のことFM802第一、第二にしてくれた方がよっぽどすっきりする。ここまできたらFMCOCOLOは名ばかりでFM802に電波を賃貸しているのと同じやないか!魂まで売ってどないすんねんと言いたい。FM-COCOLOの設立は外国人向放送、いわゆる広域放送として位置づけられ生駒山から電波を送信している反面、FM802やFM大阪は電波が飛びすぎるという理由で生駒山の麓にある飯盛山から送信し聴取エリアも格段の違いがある。FM802からすると姿を変えても広域放送ができるビジネスチャンスありと考えるのは当然。従って、普通に考えればFM802自体がこれまでに行ってきたビジネス優先の番組が軒を並べ従来FM-COCOLOを愛するリスナーは難民と化すのだろうか・・・・・。

南港ポップス台帳(今回の件について記述されています。)
POPS A GO GO(上柴とおる師匠の新しいBLOG)
[PR]
by mido811 | 2010-03-30 22:36 | ひとりごと


<< さらばFM-COCOLOよ ポンポン山通信 >>