娘、有終の美を飾る。
f0073587_055589.jpg


10月25日(日)
娘が所属する大学のサークルの発表会に出席。
大学生活最後の晴の舞台を見届けようと奥方と出掛けた。
実は生駒縦走登山大会なんてーのもあったのだが・・・・そんなことを
考えていたから不注意でカメラを落しちゃったよ~。幸いにもフィルタの破損で済んだけど
思わずへこみました。とほほですわ!

大学に入って始めた三味線も時に悩み涙し楽しいことも辛いことも多々あったようだが
とん挫することなく娘は見事ここに有終の美を飾った。就職も決まり次は社会人としてのステージが
待っているが君なら逞しく生きていくだろう。いや生きていくきっと・・・

しかし、未だに邦楽への理解が足らない私だが何度聞いても全て同じ曲に
聞こえるのは私だけだろうか? 
[PR]
by mido811 | 2009-10-27 00:32 | ひとりごと | Comments(4)
Commented by 枚方のおっちゃん at 2009-10-27 22:14 x
山ばかりでなく、チャンと家庭の出来事にも気配りをしているんだね。娘さんの学生最後の優秀の美の確認と今までの紆余曲折の経過を観てきて
感無量だったでしょうね、心の中では!いいオヤッサンになってや。
今度 また山辺の道に11月8日に挑戦します。
Commented by こーじ at 2009-10-29 22:46 x
娘さんも大きくなったんですねーーー。小さいころ知ってるからなんか不思議ですねって私もおっさんになりましたが
Commented by mido811 at 2009-10-29 23:57
枚方のおっちゃんへ
大人ですから目配り、気配りは朝メシ前ですよ。
山辺の道へまた行くんですか?それでしたら交野山なんかどうですか?
Commented by mido811 at 2009-10-30 00:00
こーじさんへ
そうだね。娘を小さい頃から知ってから客観的におっちゃんを
自覚するに至るのでしょうが・・・やっぱりオッチャンの域に入ったからには
そろそろお互いに落ち着いた大人になろうね。


<< 「一万人の第九」大阪Dクラスレ... 雨男、秋色染まる明神平、桧塚へ-2 >>