比良山系のおさらい。雨男の「縦走する男」-1
f0073587_02036100.jpg
       ↑武奈ケ岳から蓬莱山・打見山を望む。

GW期間中、家族はアルバイトあり就活あり仕事ありと予定はばらばら。
であらば、アルプスシーズン前のトレーニングとばかりに5月3日(日)から1泊2日で
念願だった比良山系全山を縦走して参りました。

事前にネットでチェックしたところ目的地の平バス停へはJR堅田駅から江若バスで
行くより京阪出町柳駅から京都バスで向かう方が1時間早く到着するので縦走するには
貴重な時間となります。しかし、京都バスは朽木村まで行くので多くの登山者が集まり
7:45出発の30分前には到着いていないと座れないらしく、JR高槻駅までバス利用者が
どうやって京阪出町柳へ7:15までに到着するかが問題です。

結果としては、早朝タクシーでJR高槻駅まで行きJR高槻6:24発の電車で京都駅乗り換え
奈良線で東福寺へ、京阪東福寺7:06発で出町柳には7:18着が可能となった。計画は予定通り
進み京阪電車に乗り込むとまさかと思うくらい登山者が乗っていたのには驚かされた。
登山者は出町柳へ着くやバス停へ一直線に向かいあっという間に朽木方面、広原方面行きに
行列ができた。幸い座席が確保できたのでコンビニへ行き朝メシの調達です。

バスは定刻通り出発しR367を走り抜けるのですが、車体が古いのか?よう揺れること。
平バス停には、ほぼ定刻通り到着し7,8名が降車。身支度を整えR367を少し戻って登山口へ
いよいよ縦走の始まりですが、縦走らしき人が男女1名づついましたのでちょっとは安心です。

さて、この山旅すんなり行くのでしょうか?
続く・・・・。
[PR]
by mido811 | 2009-05-07 00:27 | 比良山系(縦走) | Comments(0)


<< 比良山系のおさらい。雨男の「縦... 雨男、赤坂山花街道を行く。-2 >>