雨男、赤坂山花街道を行く。-1
f0073587_1049148.jpg
2009年4月29日(昭和の日)
ここしばらく好天が続いているのでチャンスとばかり花を求めて赤坂山を訪ねました。
前回は出発時間が遅かったこともあって赤坂山だけでしたが、今回は三国山へ縦走しました。

JR高槻を8:00出発の”湖西レジャー号”に乗車しマキノ駅で下車。
マキノ駅に着くと大半が下車するのでは?と思わんばかりの人、人、人です。
悪いことにマキノ駅には乗り越し自動精算機がなく駅員さん一人で対応しパニック状態。
時間だけが経過し予定のバスに間に合わないかも・・・思わずオッサン早よせーと言いたくなります。

かろうじて精算が間に合いバス停に向かうとバスは、すし詰め状態でデッキの僅かなスペースを
確保して無理矢理乗車です。先ず、マキノピックランドで大谷山から登る人達が降車しますが
降車も一苦労です。残った者はさらさで降車しマキノ高原と寒風から赤坂山を目指すことになります。

マキノ高原ではゲートボール大会でしょうか?老若男女が楽しそうにプレーしている横を
登山口まで草原を歩くと赤坂山を前にして男女のグループがGメン75とばかりに歩いています。(古すぎ~)
登山口は朽ちた木製階段が続きますが、これが結構堪えるのであります。

f0073587_10142057.jpgf0073587_10143264.jpg
一汗かいたところで、あずまや休憩所に到着。今日は明王ノ禿がよく見えます。

f0073587_10151818.jpgf0073587_10153081.jpg
小休止後、登坂再開間もなく沢の音が聞こえてきたとか思うと登山道に”イワカガミ”が
ちらほら現れてきます。更に進んでいくとイワカガミとイカリソウが沿道を埋めつくし
思わず足を止めプチ渋滞に・・・。

f0073587_10172913.jpgf0073587_10174361.jpg
更に進むとちょっとした沢を横目に登っていくとブナ林に
入り鮮やかな緑色に和みます。前方の男性のザックにぶら下がっている名札を見ると
「高槻歩こう会」とあります。高槻にも山岳会があったんかと思わず感心。

f0073587_10185648.jpgf0073587_1019108.jpg
栗柄越に近づくあたりからオオバキスミレが咲き、登山道脇には小ぶりのカタクリが点在し
まるでカタクリのパレードです。栗柄越からは大勢の登山者で賑わう山頂がもう目の前です。

f0073587_10213583.jpgf0073587_10214526.jpg
f0073587_102256100.jpg
振り返ると登山者がぞくぞくと登ってきてさながら銀座、赤坂、六本木って感じですか?知らんけど・・・・

続く・・・・
[PR]
by mido811 | 2009-05-06 10:28 | 赤坂山・三国山 | Comments(0)


<< 雨男、赤坂山花街道を行く。-2 雨男、金剛山で二兎を追う。-3 >>