雨男、金剛山で二兎を追う。-3
続きです。
と言ってもえらい時間が経って何処からでしたかいな?
あっ、そうそうカトラ谷を登っていくところで終わってましたな。

水場から再び登り始めるとバイケイソウの群生に交じってニリンソウが
ポツリポツリと花を咲かせています。未だ4分程度の咲き具合ですが白い花が
緑に映えて見事です。

f0073587_18414935.jpgf0073587_1842433.jpg
谷を登っていく度にニリンソウの群生がまわりを覆っていきます。その群生に
交じってヤマエンコグサが群生しピンクに染めています。このスケールでニリンソウが満開になると
いったいどんな風景になるんだろうと再度訪れたくなります。
この時点で金剛山の山野草の豊富さに驚かされるのでした。
f0073587_1845135.jpg
f0073587_18451263.jpg
f0073587_18462388.jpg
写真撮影も堪能したところで登山再開。
ニリンソウの群生場所からは急登になり一気に登りきると黒栂谷からの山道と出合い
国見城跡下の広場に出ます。ここで昼食タイムとしたのですが、近くで鍋を囲んでいる
人達はビールジョッキ持参ではないですか?ようやると思いながらお決まりの国見城跡へ
向かいます。下界を遠望し転法輪寺へ行くと山伏さん達の行に出会した。思わず合掌!
続いて金剛山最高峰がある葛木神社へ立ち寄りブナ林から大和葛城山を遠望。
あと少しすると、ツツジで頂上付近は真っ赤に染まるはず。

f0073587_18483710.jpgf0073587_18484750.jpg
f0073587_18494361.jpgf0073587_18495427.jpg
再び、百年杉を通り抜け国見城跡へ戻り、もう一つの兎を追うのですが
手掛かりがありません。ここは、よく知ってそうな人に聞くしかないと思っていたところに
カタクリの群生地を尋ねているのを耳にした。思わずダンボの耳です。
厚かましいけど、その会話に無理やり入ると、返答していた男性が現地まで案内していただける
ことになり一気に解決!

で、ある地点から左に入り激下りしていくと、あるあるカタクリが・・・・
何でこんなにと思っていたら、その男性から昨年の半分しか咲いていないと言われ
びっくり。ポンポン山のカタクリしか見てない私にとってはこの光景だけでもインパクトがあるのに
これ以上咲くの?と疑いました。来ていた人達も異口同音に咲きようが少ないと言われていました。
恐るべし、金剛山。
f0073587_1855121.jpg
f0073587_18551485.jpg

下山も案内いただいた男性と同伴いただき無事に登山口まで到着。
途中、登山口近くの沿道にフデリンドウがさりげなく咲いていたのが印象的だった。
以前、リンクさせていただいているブロガーさんが、最近金剛山にはまってしまってとおっしゃって
いたことが分かるような気がする。
f0073587_1913561.jpg

今回の山行は金剛山の山野草の豊富さを実感しつつ、登山コースの豊富さ特に地図に
掲載されていないコースが多いことに驚かされた。
[PR]
by mido811 | 2009-05-05 19:03 | 金剛山 | Comments(0)


<< 雨男、赤坂山花街道を行く。-1 雨男、金剛山で二兎を追う。-2 >>